2020年は新型コロナウイルスによるパンデミックが起こった年として、今後歴史に刻まれることは間違いない。まぁ、公文書偽造を平然と行うこの国の為政者は、ひょっとしたら「新型コロナウイルスに打ち勝った国」として教科書に載せようとするかもしれないけれど。

東日本大震災の後、自民党に政権が戻ってからのこの8年は地獄だったと言える。言葉としての日本語が崩壊し、知性が軽んじられ、モラルは地に落ち、権力におもねった冷笑的態度が“クール”だと思われるようになった。これを地獄と呼ばずになんと呼ぼうか。

普段から反権力・反体制・反分断の観点から読む本を選ぶようにしているが、コロナ禍で外出自粛を迫られた結果、そういった本を読む時間が例年よりも大幅に増えた。読書記録を付けはじめた6月から、今日12月31日までに読んだ本は112冊。読書家と呼べるほどではないにしろ、ひとつひとつの本とじっくり時間を取って向き合えたのは僥倖だったと言える。

私がコロナ禍で読んだ本にどれほどの価値があるのか分からないけれど、備忘録として、またこの忌まわしい2020年という年を忘れないためにも、リスト化しておこうと思う。一応、簡易的に評価もつけておく。印象的な本も数多くあるので、ふと思い立った折に書評を書くかもしれない。

2020年6月

書名著者評価
R帝国中村文則×
厭な小説京極夏彦
希望の国のエクソダス村上龍
歴史修正主義とサブカルチャー倉橋耕平
街場の親子論内田樹, 内田るん
16歳のデモクラシー佐藤優
女帝 小池百合子石井妙子
持続可能な魂の利用松田青子
逆ソクラテス伊坂幸太郎
ヒッキーヒッキーシェイク津原泰水
御社のチャラ男絲山秋子
宰相A田中慎弥
永続敗戦論白井聡

2020年7月

書名著者評価
人間・この劇的なるもの福田恆存
沖縄から貧困がなくならない本当の理由樋口耕太郎
ルポ 百田尚樹現象:愛国ポピュリズムの現在地石戸諭
真実の終わりミチコ・カクタニ
箱の中の天皇赤坂真理
街場の五輪論内田樹, 平川克美, 小田嶋隆
わかりやすさの罪武田砂鉄
理由宮部みゆき
長い長い殺人宮部みゆき
悲嘆の門宮部みゆき
ビッチマグネット舞城王太郎
誰か Somebody宮部みゆき
わかりやすさの罠池上彰×
僕の人生には事件が起きない岩井勇気
百田尚樹をぜんぶ読む杉田俊介, 藤田直哉
それを真の名で呼ぶならばレベッカ・ソルニット, 渡辺由佳里
丸ノ内魔法少女ミラクリーナ村田沙耶香
公文書危機毎日新聞取材班
ワイルドサイドをほっつき歩けブレイディみかこ
ステップファザー・ステップ宮部みゆき×
我らが隣人の犯罪宮部みゆき
モダン・タイムス伊坂幸太郎
コロナの時代の僕らパオロ・ジョルダーノ
サコ学長、日本を語るウスピ・サコ
ドリーム・ハラスメント高部大門
人質カノン宮部みゆき
情報参謀小口日出彦
逃亡小説集吉田修一

2020年8月

書名著者評価
ブルシット・ジョブ クソどうでもいい仕事の理論デヴィッド・グレーバー
TRICK 「朝鮮人虐殺」をなかったことにしたい人たち加藤直樹
わたしがいなかった街で柴崎友香
ぼぎわんが、来る澤村伊智
世界をわからないものに育てること加藤典洋
ずうのめ人形澤村伊智
破局高野遥
などらきの首澤村伊智
そして、みんなバカになった橋本治
真実の10メートル手前米澤穂信
同調圧力鴻上尚史, 佐藤直樹
ししりばの家澤村伊智
恐怖小説キリカ澤村伊智
やっぱりいらない東京オリンピック小笠原博毅, 山本敦久
みんなもっと好きに言ったらいいのに:こんにちは未来 メディア編佐久間裕美子, 若林恵
それを感じているのは私だけじゃない:こんにちは未来 ジェンダー編佐久間裕美子, 若林恵
ブラックボランティア本間龍
電通巨大利権本間龍
女と男 なぜわかりあえないのか?橘玲
「南京事件」を調査せよ清水潔
全体主義の克服マルクス・ガブリエル, 中島隆博
日本のものづくりを支えたファナックとインテルの戦略柴田友厚

2020年9月

書名著者評価
街場の読書論内田樹
日本語を取り戻す小田嶋隆

2020年10月

書名著者評価
長期政権のあと山口二郎, 佐藤優
日本習合論内田樹
忖度しません!斎藤美奈子
時代の抵抗者たち青木理
日本人のための平和論ヨハン・ガルトゥング, 御立英史
ざらざらをさわる三好愛
災間の唄小田嶋隆, 武田砂鉄
ロスト・ケア葉真中顕
絶叫葉真中顕

2020年11月

書名著者評価
ひきこもれ吉本隆明×
本音の置き場所バービー
ブロークン・ブリテンに聞けブレイディみかこ
日没桐野夏生
コクーン葉真中顕
中古典のすすめ斎藤美奈子
日本沈没斎藤美奈子
コモンの再生内田樹
蒼い時山口百恵
悲劇的なデザインジョナサン・シャリアート
ポストコロナ期を生きる君たちへ内田樹(編)
ボラード病吉村萬壱
くそつまらない未来を変えられるかもしれない投資の話ヤマザキOKコンピュータ
社会を変えるとは小熊英二
「ほとんどない」ことにされている側から見た社会の話を小川たまか
株式会社の世界史平川克美
教養としての「中国史」の読み方岡本隆司
Black Box伊藤詩織
日本の同時代小説斎藤美奈子

2020年12月

書名著者評価
私とあなたのあいだ –この国で生きるということ温又柔, 木村友祐
推し、燃ゆ宇佐見りん
オードリー・タン デジタルとAIの未来を語るオードリー・タン
ババヤガの夜王谷晶
想像ラジオいとうせいこう
JR上野駅公園口柳美里
街場の天皇論内田樹
「色のふしぎ」と不思議な社会 –2020年代の「色覚」原論川端裕人
アフターデジタル藤井保文
ちゃぶ台 vlo.6ミシマ社
私をくいとめて綿矢りさ
アフターデジタル2藤井保文
ゲンロン戦記東浩紀
おれの無関心なあなたを傷つけたい村本大輔
さよなら、男社会尹雄大
すべての雑貨三品輝起
週刊だえん問答 コロナの迷宮若林恵
FAKEな社会森達也