【9月17日のコトバ】相手の言葉を100%信じるということは、その人に関心がないのと同じことよ。

【9月17日のコトバ】相手の言葉を100%信じるということは、その人に関心がないのと同じことよ。

『螺鈿迷宮』(海堂尊)より 『相手の言葉を100%信じるということは、その人に関心がないのと同じことよ』 誰かを信用・信頼したりする機会...

記事を読む

【9月16日のコトバ】貫くことがあるとしたら「ウソをつかないこと」だけでいい

【9月16日のコトバ】貫くことがあるとしたら「ウソをつかないこと」だけでいい

『海馬 〜脳は疲れない〜』(糸井重里・池谷裕二)より 糸井『変わることって、だいたいは「いいこと」なんですね。環境に適応してばかりだと、今...

記事を読む

【9月15日のコトバ】ドラマで泣いて、人生充実するのか、おまえ。

【9月15日のコトバ】ドラマで泣いて、人生充実するのか、おまえ。

「ドラマで泣いて、人生充実するのか、おまえ。」(きつかわゆきお)表題より ガツンと殴られたようなコトバが並ぶこの本。著者のきつかわゆきおさ...

記事を読む

飲みニケーションなんかやめて、メシニケーションでいいじゃない。

飲みニケーションなんかやめて、メシニケーションでいいじゃない。

酒は、関係性の増幅装置 もはや死語かと思いきや、案外ベンチャーやスタートアップといった「イマドキ」の企業で催されることの多い飲みニ...

記事を読む

【9月14日のコトバ】ダメだ。三次元だぜ。立体的すぎる。生きてる。しかも動いてる。

【9月14日のコトバ】ダメだ。三次元だぜ。立体的すぎる。生きてる。しかも動いてる。

『太陽の塔』(森見登美彦)より 「ダメだ。三次元だぜ。立体的すぎる。生きてる。しかも動いてる。」 私がもっとも好きな作家のひとり・森見登...

記事を読む

【9月13日のコトバ】罪という黒い染みを拭ってくれるのは、被害者やその家族だけなんだ。

【9月13日のコトバ】罪という黒い染みを拭ってくれるのは、被害者やその家族だけなんだ。

『天使のナイフ』(薬丸岳)より 「祥子はこう言いたかったんだ!自分もあなたも、人生につけてしまった黒い染みは、自分では決して拭えないとな。...

記事を読む

【9月12日のコトバ】人間の趣味が“いい”って、最高に悪趣味じゃない?

【9月12日のコトバ】人間の趣味が“いい”って、最高に悪趣味じゃない?

『蹴りたい背中』(綿矢りさ)より 「そうじゃなくて、なんていうの、私って、あんまりクラスメイトとしゃべらないけれど、それは”人見知りをして...

記事を読む

【9月11日のコトバ】個人の状況をふまえずに相対化した幸福にはなんの意味もない。

【9月11日のコトバ】個人の状況をふまえずに相対化した幸福にはなんの意味もない。

コトバでお腹をふくらませることはできませんが、生きることをほんの少しだけ楽にしてくれます。そんな心の糧となったコトバを、これから毎日ひとつず...

記事を読む

湊かなえ『ユートピア』 善意の行き着く先は、この世の地獄か

湊かなえ『ユートピア』 善意の行き着く先は、この世の地獄か

ユートピアとは理想郷を意味する言葉ですが、著者がイヤミスの女王である湊かなえさんであることと、どうみても理想郷に見えない表紙のイラストから、...

記事を読む

「何でもいいから話せ」という暴力

「何でもいいから話せ」という暴力

私は人の話を聞いて理解するまでに時間のかかる人間です。内容を頭のなかで少しずつ噛み砕きながら、ひとつひとつ組み立ててようやく考えがまとまって...

記事を読む