飲みニケーションなんかやめて、メシニケーションでいいじゃない。

酒は、関係性の増幅装置

s_photo-1473177027534-53d906e9abcf

もはや死語かと思いきや、案外ベンチャーやスタートアップといった「イマドキ」の企業で催されることの多い飲みニケーション。一応説明しておきますと、居酒屋などで飲みの場を設けて、酔った勢いによる馴れ合いを起こし、普段の場では生まれない密な関係性を築くことを目的にしたイベントです。

社内になかなか通らない風を、酒の力というサーキュレーターを使って強引に吹かせるようなもので、現代ではパワハラの元になることが多いのは、みなさんもご存知でしょう。

お酒ないしは飲み会という場は、ゼロから関係性を構築するのには向いていませんが、関係性の増幅装置としては効果があると思うんです。気心の知れたメンツで飲む酒は美味しく感じるでしょうし、さらに仲良くなれるチャンスも秘めています。

しかしそもそもの関係性が希薄であると、盛り上がらなければならないという圧力で酒に酔いやすくなり、ストレスで美味しさを感じなくなり、むしろ関係性に深い溝をつくってしまうことになるのではないでしょうか。

酒はただの嗜好品にすぎない

s_photo-1464219222984-216ebffaaf85

そもそも、酒のチカラに頼らなければまともなコミュニケーションができず、それが会社運営を傾かせるようであれば、もはや根本から構築が間違っているとしか思えません。酒という付け焼き刃でなんとかなる問題ではないはずです。

もちろん飲めない人もいるし、好きではないから飲まない人もいます。食事と違い、酒は嗜好品に過ぎないのですから、これを核に社内イベントが成り立っているのは不思議なものです。

他部署の人とは交流がなかったりするものですから、普段と関わりのない人同士が一緒になるイベントをつくるのは肯定すべきことでしょう。最近では就業後の飲みニケーションではなく、ランチタイムを他部署の人と過ごす試みを行なっている企業も増えてきたように思います。

「酔っていたんだから仕方ない」なんて理由になるか!

yuusei_guttari15200922_tp_v

ランチであれば酒も飲まずに済みますし、それほどお金もかかりません。それに時間も決められている(ことが多い)ので、だらだらと時間を過ごすことにはなりにくいでしょう。2次会が確定しているような飲みニケーションでは、酒の力により思考力の低下を招き、もはやコミュニケーションとしての価値がなくなっているのではないでしょうか。

ほら、よく見かけるでしょう。「昨日は楽しかったね、飲み過ぎて何も覚えてないけど」なんてほざく上司の姿が。勢いに任せて部下を罵倒したり、セクハラまがいの行為にでたり、不快な思いをした人もいるというのに、全然覚えていない当の本人たちの姿が。

そして揃いもそろって言うんですよね、「酔っていたんだから仕方ない」と。そんなバカな話があるかと憤りませんか?別に誰かに飲まされたわけでもなく、自発的に飲んだ挙句の行為だというのに。そもそも「酔っていたんだから仕方ない」というのは、答えにもなっていなければ、まったく仕方がない理由になっていません。ただの自己責任です。無礼講という言葉は存在しても、無礼講の場なんて存在しません。

もうメシニケーションでいいじゃない。

s_photo-1468775318753-2f85b351db51

酒はただの嗜好品。それを主とした強制的なイベントは、もはや存在自体が罪だと思います。だから、ランチでもディナーでも、メシニケーションなら、まあいいんじゃないですか。

大企業での飲みニケーション文化がイヤでベンチャーに来たら、ここでもまだ飲みニケーションが…。もういい加減、やめにしましょうよ。あなた方が好きな酒は、みんなが飲めて当たり前、ないしは好きなわけではないんですから。酒が入って出てきた言葉が本音なわけないでしょう?

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク