湊かなえ『ユートピア』 善意の行き着く先は、この世の地獄か

ユートピアとは理想郷を意味する言葉ですが、著者がイヤミスの女王である湊かなえさんであることと、どうみても理想郷に見えない表紙のイラストから、読む前から間違いなくどんよりした気分になる作品なんだろうなと覚悟していました。
(イヤミスとは、読むとイヤな気分になるミステリーのこと)

fullsizerender

紛うことなきイヤミスでしたが、最後にはひとすじの光が差し込んでいるかのような演出が。善意がもたらすことが全て悪いことになってしまってはいけない。港さんはそう考えられたのかもしれません。まずは、あらすじからどうぞ。

あらすじ

太平洋を望む美しい景観の港町・鼻崎町。
町には日本有数の大手食品会社・ハッスイがあり、そこに勤める住民と、昔から住んでいる地元住民、移住してきた芸術家たち、それぞれ異なるコミュニティの人々が暮らしている。
鼻崎町で仏具店を営む菜々子の娘は、幼稚園の集団登園中に交通事故に逢い、小学生になっても車椅子で生活している。最近引っ越してきた陶芸家のすみれは、その娘・久美香を広告塔に、車椅子利用者を支援するブランド【クララの翼】を立ち上げ、翼モチーフのストラップを販売することを思いつく。

出だしは上々だったが、ある日ひょんなことから「実は久美香は歩けるのではないか?」という噂がネット上で流れ、徐々に歯車が狂いはじめる。母親たちの心の奥にあった、価値観の差、家の事情、それぞれのプライド、隠していた想いが顕わになる。そんなある日、子どもたちが行方不明になり……

http://renzaburo.jp/utopia/より

善意と悪意の違いはどこに?

s_photo-1458640904116-093b74971de9

架空の街・鼻崎町を舞台に、3人の女性を中心とした「善意」の応酬がコミュニティを、ひいては町全体を闇に染めていく物語。

町で生まれ町で生涯を終えるだろうと考えている菜々子、夫の転勤で仕方なくやってきた光稀、夢を持ち移住してきた陶芸家のすみれ。3人は決して悪人ではありません。他人の子どもより我が子を優先しようとしたり、慈善活動を柱に売名できればと考えたりするものの、根っからの善人など存在しないわけですから、まぁ人間らしい人間として描かれています。

田舎町にありがちな、ウワサと同調圧力に支配された世間の中で、彼女たちはうまく渡り歩こうと必死。過去をぶっ潰して新しい価値観を押し付けるような悪意はありません。うまくやっていこうとするために善意を提供し回るわけですが、この善意がとんでもないクセモノに化けてしまうところが本作の醍醐味。

「善意」と「正義」は似ている

s_photo-1428189923803-e9801d464d76

悪意って、自分が対象となると面倒だし不快だし迷惑ですが、対処法は案外わかりやすかったりします。「迷惑なのでやめてください」とハッキリ物申すもよし、徹底的に無視して蔑むもよし。相手も攻撃のし甲斐がないとわかれば、あっさりやめてしまうものですから(もちろん逆上する可能性もありますが)。

しかしその点、善意は恐ろしい。まず相手は良かれと思ってやっていますから、当然迷惑になるなんて思ってもいないし、善意が見えていると断るのも申し訳なくなってしまいます。1対1ならまだしも、これがコミュニティだと否定することが人の善意を踏みにじったように見えてしまい、ヘタすると村八分になることも。

「正義」という言葉が持つ怖さに近いものがあるかもしれません。自分の正義が他人の正義と違うのと同様に、良かれと思ってしたことが誰しも喜ぶものではない、という意味で。

人間は分かり合えない生きもの

s_photo-1432637194732-34cedd856522

物語の中心には、外部からやってきた人による町おこしが描かれています。東京に疲れてしまった人のユートピアとして、何かと地方活性化がもてはやされていますが、あまり上手くいったという話を聞きません。地元の人は町を盛り上げようとがんばってくれる若い人の到来を喜びつつも、そんなことより大手企業の誘致とかしてくれた方がいいんだけど、と本音では思っていたりするものです。

でも、そこに悪意はやっぱりありません。そうやって歯車がうまく噛み合わないなりに何とかやっていこうとするのが人間というもので、究極のところ分かり合うことなんてできませんから。

この作品の最後には殺人事件を含む生々しいミステリー要素も盛り込まれていますが、最後まで善意の価値を否定していないところがポイントかと。車椅子利用者を支援するブランド【クララの翼】をはじめとする慈善事業は、現実世界にいくらでもあります。こういった事業って、穿った見方をする人たちから偽善だ何だと叩かれることも多いですよね。

もちろん集めたお金を私的なことに流用していたり、ウソで金儲けしようとする輩は叩かれて当たり前なわけですが、大抵は本当の善意でやっている方が多いはず。例え偽善でも、それで救われる人がいるなら意味もあります。「しない善より、やる偽善」と言いますし。

ほどよく人生をあきらめて生きていく

s_photo-1456894332557-b03dc5cf60d5

湊かなえさんの作品を読むと、人間って本当に愚かでどうしようもない生き物だなぁと思わされると同時に、どうせ分かり合えることなんてないんだから自分の思う正しいことをして生きていこう、という変に前向きな気持ちにさせられることが多いように思います。

ほどよく人生をあきらめて生きていく。

人間らしく生きるっていうのは、案外こういうことなのかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク