今日からTABI LABOにジョインします。

今日からTABI LABOにジョインします。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

会社員からフリーランス、そして次はTABI LABOへ

ちょっと最近慌ただしかったのは、本日7月7日より正式にTABI LABOにジョインすることに決めたため、5月からはじめたばかりのフリーランス生活を早々に収束させていたからです。

といってもフリーランスライターでは食っていけないと諦めたわけではなく、一般的な会社での新卒社員の初任給くらいは十分に稼げていました(全然自慢できることじゃないですけどね)。大体3年くらい前から撒き続けていた種が一斉に芽を出しはじめたのが今年の4月。これで十分に生活はできると判断したのは早すぎたかもしれませんが、1年ほどお世話になっていたガイアックスを5月で辞め、一気に夢だったフリーランス生活に舵を切りました。

芽を出し始めた種のひとつがTABI LABOだったのですが、記事の執筆などで関わっていく内に運営メンバーと顔を合わせる機会も増え、何だか新しいことばかりしている企業だなぁと羨望のまなざしで見ていました。今後大きなアップデートを控え、人員を拡充しているという話も以前から聞いていたんですよね。ただ、フリーランスになると決めた直後のため、5媒体程のウェブメディアから仕事を請け負っており、さすがにガッツリ関わることはできないかなと思っていました。

今日からTABI LABOにジョインします。

そんなあるとき、TABI LABOで運営メンバーから今後の構想を伺う機会があり、あまりに先進的な試みをしようとしていることを知って心が揺れました。だから、正式にジョインしてほしいと言っていただけたときに、もう心は決まっていました。懸念だった請け負い過ぎの他媒体を減らしていくための猶予も貰い、少しずつ仕事を減らしながら今日の日を待っていました(といっても度々TABI LABOに行っていましたが)。

書く仕事をいろいろやってきて思ったのは、基本的に自分はブロガーではなくライターだということ。つまり自分の考えや思いを書くことに楽しみを覚えるタイプではなく、伝えたいことがある人や企業の思いを言語化、もしくは翻訳して多くの人に届けることに生きがいを感じるタイプなんです。要するに、職業ライターというやつですね。

といっても、自分をまったく出さない生活が続くと心がすり減っていくので、PVなんて気にせず好きなことを書けるこのブログは必要不可欠ですが。

今日からTABI LABOにジョインします。

昔ながらの会社文化にはまったく馴染まない体質の私なので、フリーランスは消去法で選んだに過ぎない生き方でした。TABI LABOに限ったことではないですが、スタートアップやベンチャー企業は旧来の会社文化とはまったく違います。だから、会社員的な生活に戻ることに関して不満や苦痛はありません。以前にいたガイアックスもベンチャー気質の会社でしたし、それまでの会社員生活に比べて特につらいと思ったこともありません。

仕事に限らず、人間は環境に規定されると思っています。もっというなら、人生が楽しくなるかどうかは一緒に過ごす人で決まると思っています。何だか厭世的に捉えられるかもしれませんが、つきあう人は真剣に取捨選択した方がいいですよ。自分にとって害となる人とは距離を置き、一緒にいると楽しくなる人と積極的に関わること。30年と少しの人生経験しかありませんが、これだけはこだわった方がいいと確信しています(アドバイスは不要)。

ちょっと話がバラつきましたが、あらためて、今日からTABI LABOにジョインします。
今は、働くことが楽しくて仕方ありません。大事なのは肩書じゃありません。自分が楽しいと思える方向に舵を切っていく。それが幸せな人生を送るための秘訣です。

今日からTABI LABOにジョインします。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク