無音で仕事ができない人には、Mac用の環境音アプリ「Noizio」をオススメ!

無音で仕事ができない人には、Mac用の環境音アプリ「Noizio」がオススメ!

スポンサーリンク
スポンサードリンク

自分が最もパフォーマンスを発揮できる環境をつくりだそう!

フリーランスでライターをやっていると、自宅で仕事をする時間が格段に増えます。今まではいわゆる会社員だったので、基本的には周りに人がいるようなざわざわした環境で仕事をしていました。私は無音の環境で仕事が捗る質なので、こうしたざわざわしている環境で集中するのが難しく、「ああ、やっぱり会社員に向いていないんだなぁ…」としばしば嘆いたものです。

いざフリーランスになって環境を自分で管理できるようになると、仕事が捗る捗る。気分や仕事内容によって音楽をかけたり、窓を閉め切ったり、あえてノイズを入れるようにしたり、自分好みに設定できるのが楽しいんですよね。やっぱり人間は環境に左右される生き物なんだなとつくづく感じます。「自分には確固たる意志力の強さがある!」なんて意気込まずに、自分に最適化された環境で仕事をするのが一番だと思いますよ。

さて、今回の記事で紹介したいのは、Macで使える環境音アプリです。環境音とは具体的な音楽というわけではなく、例えば雨がしとしとと降る音や、キャンプファイアーのように火がパチパチと爆ぜる音、強風が吹きすさぶ音や、カフェで仕事をしているときのような環境をつくりだす音など、いろんな環境を擬似的につくりだしてくれます。

おそらく無音で仕事が捗る私はめずらしいタイプだと思います。周りの人に聞いてみても、図書館のように音を立ててはいけないところよりも、適度にざわついたカフェの方が仕事が捗る人が多いようですし。ゆえに、自宅で音のない環境では仕事ができないというフリーランスの知人もいます。そういった方に最適なアプリがこの「Noizio」なんです。

Noizio

仕事が捗る環境音アプリ「Noizio」

基本的に無音で仕事をしている私でも、「カフェのような環境で仕事がしたい!」とか、「雨の音を聞いて心を静ませたい…」と思うことはあります。そういうときに限ってカフェに行く余裕が無かったり、見事なまでの快晴だったりするわけです。そういうときに環境音をつくりだしてくれるアプリは便利ですね。

「Noizio」をインストールすると、上部メニューバーにアイコンが表示されます。

Noizio

クリックするとメニューが開き、音の再生切り替えや、聴きたい環境音の設定が可能です。上の画像には5つの環境が表示されていますが、隣のページにもあと5つ環境音が用意されています。このアプリの便利なところは、複数の環境音を同時に鳴らすことが可能な点です。

例えば、カフェの喧騒をバックに吹きすさぶ風の音を聴いたりとか、波の打ち寄せる音と雨音を同時に鳴らしたり、いろんな組み合わせが楽しめます。現実にありえない組み合わせをつくることもできて、遊び心もありますね。

それぞれの環境音量はスライダーで調整が可能なので、自分好みの音量に設定してみましょう。私がよく使う設定は、上の画像通り、「雨の音が強く聞こえるカフェ」の環境です。カフェの場所がパリであるからか、話し声も日本語ではないのでそちらに気を取られず済みますよ。ぜひいろいろと試してみてください。

仕事が一番捗る環境音を見つけて、自分の働き方を最適化しましょう!(ちなみに、私の勝負曲はサカナクションです。)


スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク