美しすぎる玉井詩織のまなざしに心が陥落【ももいろクリスマス名場面トレーラーより】

玉井詩織 ~ももいろクリスマス名場面トレーラー~より

玉井詩織 ~ももいろクリスマス名場面トレーラー~(https://www.youtube.com/watch?t=93&v=-FC1LE-L_j4)よりキャプチャ

スポンサーリンク
スポンサードリンク

有安杏果 → 玉井詩織への推し変

昔から好きなアイドルであるももいろクローバーZ。それこそまだ「Z」が付いていない頃からのファンです。当時から何か普通のアイドルとは違うものを感じており、それまでどちらかというとアンチアイドルだった私が、彼女たちのライブパフォーマンスを観て一瞬の内にファンとなってしまい、見事に人生を狂わせてくれた数少ないアイドルです(他はBABYMETALとでんぱ組.incですね)。

いわゆる性の押し売りをしてこないところが素晴らしく、「年端もいかない女の子に夢中になるおじさん」の構図から“性の対象”というワードを取り除いた上でトップアイドルに登りつめたところに、ももクロが築いた新しいアイドル(を愛でる)文化があるのだと思っています。そう、「アイドルファン」とは公言しにくくても、「ももクロファン」となら軽く言えてしまうのが海千山千のアイドルとの違いなんでしょうね。

玉井詩織 ~ももいろクリスマス名場面トレーラー~

玉井詩織 ~ももいろクリスマス名場面トレーラー~(https://www.youtube.com/watch?&v=-FC1LE-L_j4)よりキャプチャ

で、私は昔からももクロの緑担当・有安杏果推しだったのですが、今年に入って黄担当の玉井詩織に浮気し始めました。かれこれ4年ほどずっと杏果推しで揺らぐことがなかったというのに、なんで今さら…と思わなくもないですが、2015年の年始に行なわれたももクロが所属するスターダストプロモーションのお祭りライブイベント『ふじいとヨメの七日間戦争』にて、名司会ぶりを披露したことがきっかけとなっています。

元々天才肌の子として玉井詩織は有名でしたが、ライブにソロに司会にアドリブに、何でもそつなくこなす天才っぷりに次第に魅入られてしまったのでしょう。今ではすっかり玉井詩織推しとなりました(もちろん杏果も推し続けます)。

玉井詩織 ~ももいろクリスマス名場面トレーラー~

玉井詩織 ~ももいろクリスマス名場面トレーラー~(https://www.youtube.com/watch?&v=-FC1LE-L_j4)よりキャプチャ

美しすぎる、そのまなざし。

そんな中で公開された、2014年のクリスマスに行なわれた「ももいろク­リスマス2014 さいたまスーパーアリーナ大会 ~Shining Snow Story~」のDVD/BD発売告知トレーラー。

今回はメンバー5人それぞれにフォーカスしたトレーラーが順次公開されていく仕様のようで、前回はリーダーの百田夏菜子でした。そして今回公開されたのが玉井詩織なのですが、サムネイルのシーンにノックアウトされました。それがトップに引用させていただいた画像です(これはトレーラーからキャプチャしたもので、もし不都合がありましたら即削除しますのでご連絡下さい)。

ひとことで言いますと、美しすぎやしませんか?

これまでにいろんなももクロのライブに参加してきましたが、それまで個人的にトップだった2014年の「桃神祭」、2011年の「サマーダイブ 極楽門からこんにちは」を押しのけて王座に君臨した「ももいろク­リスマス2014」でのももクロは、もはや総合芸術の域にまで高められたパフォーマンスを披露してくれました。

玉井詩織 ~ももいろクリスマス名場面トレーラー~

玉井詩織 ~ももいろクリスマス名場面トレーラー~(https://www.youtube.com/watch?&v=-FC1LE-L_j4)よりキャプチャ

メンバーの誰もが素晴らしい成長を遂げていることが、このライブから伝わってきました。そのワンカットがトップの写真です。「ももいろク­リスマス2014」で私は感極まって涙を流したのですが、このワンカット、この表情を見るだけで、思いだして泣けてきます。本当に美しいライブでした。

今月6月24日には早くも発売となる「ももいろク­リスマス2014」のDVD/BD。
買わないという選択肢が、どうしても見つかりませんでした。

あの感動を、もう一度…。

玉井詩織 ~ももいろクリスマス名場面トレーラー~

玉井詩織 ~ももいろクリスマス名場面トレーラー~(https://www.youtube.com/watch?&v=-FC1LE-L_j4)よりキャプチャ


スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク