映画『最高の人生の見つけ方』 The Bucket List(バケットリスト)を書いてみよう!

Vgu1RUfKT3WN1ZYxSWaR_14672519443_13d8873062_k

スポンサーリンク
スポンサードリンク

人生を楽しめ!

以前にアップしたこちらの記事。
『人生でやりたい100のリスト』 原体験にこそ、価値がある。 – ヘンテナブログ

このリストを作成するきっかけになった映画が、この『最高の人生の見つけ方』です。

ジャック・ニコルソン×モーガン・フリーマンが贈る最高のユーモアに満ちあふれたあたたかい映画で、歳をとればとるほどに溢れる涙の量が増えることでしょう。

ストーリーを簡単に説明するとこんな感じです。

余命6ヶ月を宣告された二人の男・カーター(モーガン・フリーマン)とエドワード(ジャック・ニコルソン)が、死ぬ前にやり残したことをリストにし、ひとつひとつ実現するさせるために2人で冒険に出る。

カーターとエドワードの、交わるはずのない人生が交錯する

カーターはまじめな自動車修理工として45年間勤め上げ、3人の子どもを父として立派に育て上げた。愛する妻もいる。しかし思えば自分は、自分以外のモノのために今まで生きてきた。どうせ半年と持たない残りの人生、これからは「自分のために」時間を使いたい。

そんな流れでカーターはエドワードと旅に出ます。言うなればカーターは、良き夫、良き父親、良き働き手として生きてきた人生を捨て、自分のために生きることを選んだのですね。

bsrOzgDkQhGRKOVC7Era_9X6A3584

ではエドワードはどうだったか。今までに家庭を顧みず、好きなこと・やりたいことを自由にやり、たまたま自分に向いていた仕事が合っていたのか莫大な財産を成し、世間的には成功者として映るエドワードは、余命幾ばくもない境遇をともにしたカーターにこれでもかと金を使って壮大な旅を演出する。

しかしカーターが今まで築いてきた幸せに溢れる生き様を目の当たりにするにつけ、自分がないがしろにしてきた「夫」であったり「父親」といった役割を振り返ることになります。

まったく逆の側から、これまた逆の方向へ進んでいく真逆の2人。

死を目前にした2人が懸命に生きたこの数ヶ月は、今までの人生と比べて遜色のない、いやもしかするとそれ以上に“楽しい人生”と思える時間だったのかもしれません。

The Bucket List(バケットリスト=棺桶リスト)

作中に出てくる死ぬまでにやりたいことリスト。それがバケットリスト(=棺桶リスト)です。“棺桶に入る前にやっておきたいことリスト”という意味ですね。

「世界で一番の美女とキスをする。」

エドワードが書いたリストのうちのひとつ。カーターはとても無理だと笑い飛ばします。エドワードもひょっとすると無理かもなと思いながら、その時は書いたのかもしれません。私はこの課題をクリアしたエドワードに、賞賛を送りたい。ネタバレになるので言えませんが、確かに「最高の美女」でした。エドワードにとっての。

非日常を楽しもう!

成し遂げるのが不可能にみえる夢でも、見方を変えれば案外簡単にできてしまう。無理そうだからと動かなければ、その夢は絶対に叶わない。行動すれば奇跡は起こりうる。

真実は、案外シンプルなものです。そして人間は、アタマの中で思っているだけでは行動できない。一歩踏み出すためには、カタチにすることが大事。まずは、やりたいことを全部書き出してみよう!

そんな思いから、
『人生でやりたい100のリスト』 原体験にこそ、価値がある。 – ヘンテナブログ
を執筆しました。

みなさんもこの映画を観たら、きっとバケットリストを書きたくなるでしょう。もし書いたら何らかのカタチで公開し、私を含めた他の人と共有しましょう。何か化学反応が起こるかもしれません。解決までの道しるべとなる人と出会えるかもしれません。

ホント、人生って何が起こるか分かりませんからね。

未見の方はぜひご覧になってみてください。


スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク