面接のキホンは「自己アピール」ではなく「会話」

面接のキホンは「自己アピール」ではなく「会話」

スポンサーリンク
スポンサードリンク

面接のキホンは「会話」 

こちらの記事を読んで、「うーん…」と唸ってしまいました。

5年ほど面接に携わる仕事をしてきましたが、この記事で言う「自分を売り込む場」としてアピールに励む方が非常に多かったことを覚えています。具体的には、志望動機を聞いたとき以外でも必ず「〜なので御社を志望いたしました。」と結びつけるんですね。

なんでみんな同じなんだろうとふと考えたときに、私が大学生だった頃に受けた就職セミナーでどの講師も同じことを言っていたことを思い出しました。

「面接で何を聞かれたとしても、必ず志望動機に結びつけろ」と。

そのときに読んでいた就職ガイドにも似たようなことは書いてありましたし、このテクニックはもはや定番化してしまっているんでしょう。

必死に自分を売り込もうとアピールしてくる就活生は「ウザい」

いざ面接官をやってみて思うのは、必死に自分を売り込もうとアピールしてくる就活生は「ウザい」ということ。

自分の経験してきたことで得たスキルがこの会社でどう活かせるのか、アピールしたくなる気持ちはよくわかります。面接に通ることが目的なのだから、受かるためには自分を知ってもらわなければならないという気持ちも十分よくわかります。

面接のキホンは「自己アピール」ではなく「会話」

しかし、面接しているときにどこを見ていたかというと、「普通に会話ができる」かどうかにつきますね。こちらが欲しかった返事に対して10も20も倍の返答を寄越してきたり、どう判断したのかまったく違う趣旨の回答をしてきたりする方は、みなさんが思っているより遥かに多いと思います。それも、最後は志望理由に結びつけるカタチで。

しかも大体は、マニュアル通りに回答してくるため内容が似たり寄ったりなんです。「御社を志望した理由は〜で、〜の経験があることから御社の〜で活かせることができると思いました。」とか。そんな杓子定規な、本人の言葉ではないものを聞いて判断などできません。

「この人ともっと話してみたいなぁ」と思わせたら勝ち

面接する側は「実際にこの人を採用したらどんな風に働いてくれるだろう?」と考えながら話をします。ですから、キャッチボールするように会話するだけでいいと思っています。極端に畏まった言葉や態度ではなく、相手に対して敬意を払う程度の態度をとり、目上の人に話をするような言葉遣いを心がけるだけで十分です、面接なんて。

面接は時間が限られています。ですから、「この人ともっと話してみたいなぁ」と思わせれば合格も同然。結局は、人と人のコミュニケーションなんですから。

面接のキホンは「自己アピール」ではなく「会話」

・・・と偉そうに言いましたが私は就活生の頃、見事なマニュアル人間でした。居丈高に志望動機を語り、自己満足に耽るという残念な就活生。もっとこのことがわかっていれば、就活に苦労することもなかったなぁというのが正直な想いです。これから就活を迎える方は、ぜひ「アピール」ではなく「会話」を楽しむように面接に挑んでみてください。

きっと、楽になりますよ。


スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク