京都市伏見区の絶品蕎麦屋 『蕎麦工房 膳』 は、塩で食べるのがベスト!

スポンサーリンク
スポンサードリンク

京都伏見の絶品蕎麦屋

私の出身は京都なのですが、久しぶりにとっておきのグルメネタをひとつ。

京都市伏見区の、車でないと行きづらい場所にある蕎麦屋なのですが、もうこれはまさに絶品です!名前は”蕎麦工房 膳”
HPもあるので紹介しておきます。

自家製粉石臼挽き生粉手打ちそば処 ”蕎麦工房 膳”

基本のもりそばは一杯800円。麺の追加は600円で承っています。この麺、つなぎを一切使っておらず、少し箸でつまむだけでホロホロと崩れてしまうほど。この麺がじつにウマイ!正直、お店のめんつゆは濃いめなので、軽くつけるだけで十分。なんなら麺を素のまま食べても美味しいですよ。

ちなみに、通の食べ方として”塩”をオススメされたのですが、麺の旨味を引き立てる役割を兼ねて、ますます絶品となります!ご来店の際はぜひ、塩を注文してみてください。

さて上記の写真ですが、ひと盛りにしては少々少ないように思いませんか?それもそのはず、いわゆる半玉分がひと盛りなんです。それで800円は高いですよね?

このお店では”2種類の麺”を提供してくれます。まず最初が基本に忠実な麺

麺がつるつるで絶品。

続いてタイミング良く提供される2杯目が、粉を粗く挽いてつくった麺。ひっかかりがあり歯ごたえもある、しっかり目の麺でした。こちらのほうが塩が合いますね。

合わせて丁度ひと玉ほど。男性なら間違いなく足りないので麺の追加を早めに注文した方がいいです。15分くらい出てくるのにかかりますので・・・。

さて、そんな絶品蕎麦屋なのですが問題がふたつ。

・やたら定休日が多いこと。毎週火・水・木曜日はお休みです。
・異様に短い営業時間。

・・・えっ、11:30〜15:00?!短か!

しかも、麺の生産量は一日分があらかじめ決まっていますので、早めに閉まることは多々あります。一度12時前に食べに行ったことがありますが、私の次の次のお客さんで早くも打ち止めとなっていました。ランチ時間前に打ち止めって・・・。

なので、どうしても食べたい方は営業曜日の11:30開店と同時に駆け込むことをオススメします。

でも、そうしてでも駆け込む価値のあるお店です。ぜひ行ってみてください!

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク