『飲食店で横柄な態度をとる人は、結婚後の配偶者に対する態度と同じ』という言葉に激しく同意。

傲岸不遜

スポンサーリンク
スポンサードリンク

飲食店で横柄な態度をとる人は

飲食店で横柄な態度をとる人は
※有料サイトなので、課金されていない方は途中までしか読めません。
飲食店で横柄な態度をとる人は

この記事は、渋谷でバーを経営されている林伸次さんという方が書かれたコラムなんですが、私は以前に飲食店の店長をしていたこともあり、非常に心に響き納得のいくことが書かれていました。

それは、記事の冒頭にあるお客様から聞いたという言葉、

「飲食店のスタッフに対する態度は、結婚後の配偶者に対する態度と同じだ」

モンスター消費者の脅威

日本のサービス業の接客レベルは、世界的に見てもかなり高い水準であることは有名ですが、それゆえにスタッフに高い要求を求めすぎるモンスター消費者が続々と生まれています。

ファーストフードやファミレスなんかで、居丈高にスタッフに説教している、いい年した大人の姿を見かけることがみなさんもよくあると思います。ああいうのをみると、私はなんだかとても恥ずかしくなります。

モンスター消費者の脅威

「金を払っているんだから高いレベルのサービスを受けられて当たり前」という考え方が根底にあったりするんだと思いますが、今回の紹介記事でそれは、”飲食店のスタッフに対する態度は、結婚後の配偶者に対する態度と同じである”として問題を投げかけています。

正直、明確な因果関係はないのかもしれません。しかし、とてもしっくりくるコトバでした。

飲食店のスタッフに対する態度は、結婚後の配偶者に対する態度と同じである

前述の、スタッフに説教たれてるレベルの低い消費者は、同席していた家族にも同じような口調で命令したり怒鳴ったりしていました。本記事中で”飲食店のスタッフに対する態度は、結婚後の配偶者に対する態度と同じである”というコトバの『結婚後』という部分がポイントであると述べられていますが、これは真理ですね。

結婚前、付き合っている段階やお互いがいい部分を見せようとしているはずの段階でさえ、スタッフに横暴な態度を取っているようであれば、それは必ず自分にも降りかかってくる印であると。

モンスター消費者の脅威

そんな消費者にとって店舗スタッフは、(おそらく)決して反抗しない木偶のようなものだと思っているのでしょう。

そりゃあそうです、客商売なんですから。教育マニュアルでも基本的には何でも謝罪しないとならないようになっています。そんな確実に自分が上であるところでしか居丈高になれないような人間は、結婚しても必ず上下関係を軸に関係を強いてきますよ、きっと。

これが伝わらない人こそが『飲食店で横柄な態度をとる消費者』的な人なんだろう

ここまで読んで、やっぱり因果関係がないじゃないかと思う方もいるかもしれません。私もA=Bというきれいな形では括れないとは思っています。

ですが、体感的にも意識的にも、これは真実だと私には思えます。感情論にはなってしまいますが、これが伝わらない人こそが『飲食店で横柄な態度をとる消費者』的な人なんだろうと確信しています。そういう人には伝わらないし、きっと治らない。

結婚しても大丈夫?

結婚を考える前に、考えてみましょう。

あなたがいま付き合っている人の「自分より立場の低い人への態度」は、結婚後の自分に対する態度なんですよ、と。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク