他人を「お前」呼ばわりする奴は、いったいどういう神経をしているのか。

「お前!」

スポンサーリンク
スポンサードリンク

他人を「お前」呼ばわりする奴は、いったいどういう神経をしているのか

私は人を信用するかどうか判断基準のひとつとして、他人を「お前」呼ばわりする人間かを見ています。例外なく、他人を「お前」呼ばわりする人は信用しません。

そもそも、他人を「お前」呼ばわりする人ってどういう神経しているんでしょうか。特に男女関係の場でよく見かけますが、あからさまに相手を見下しているのがわかり、非常に気持ち悪く感じます。自分の方が偉いと嘯きたいのかわかりませんが、ああいうことでしか自分の存在を誇示できないんですかね。

こんなことを言うと、『元々「お前」という言葉は相手を敬っていう言葉なんだよ!そんなことも知らないのか?』なんて言ってくる輩がいますが、もちろんわかっていて述べていますよ。語源由来辞典にはこう書かれています。

「お前」の語源は?

お前
【意味】お前とは、同等もしくは目下の者をさして呼ぶ語。

お前は、「前」に接頭語の「御(お)」が付いた語。+元々、お前は神仏や貴人の前を敬っていう語で、現在でも「みまえ(御前)」や「おんまえ(御前)」は、神仏の前をいう語として用いられている。+のちに、貴人を敬う気持ちから直接さすことを避け、間接的にさす代名詞として「お前」が用いられるようになった。+江戸初期までは高い敬意をもって用いられたが、「貴様」と同じく次第に敬意の意味が薄れ、明治以降は同等や目下の者をさす語となった。

語源由来辞典より

言葉に思いが込められているかの方が重要

言葉は移り変わるもの。元々の意味が、時代を経て変容していくのはよくあることです。「お前」も元々は相手を敬う言葉でしたが、今ではそこに敬意を感じることはないでしょう。どちらかというと相手を見下したときに使う言葉として定着しているんじゃないでしょうか。

言葉そのものの意味は大事ですが、要はそこに心がこもっているかの方が重要です。例えば男女の関係で、愛情を含んで「まったく、お前は・・・」なんて言われたときなら、そこに嫌な気持ちは介在しないかもしれませんね。そうでない状況で、「お前」という言葉に愛情を込めて発言している人がいるとは思えません。

「お前!」

他人を「お前」呼ばわりしている上司は今まで何人も見てきましたが、尊敬に値する人はひとりとしていませんでした。むしろ、ああならないように気をつけなきゃなと自分を戒めるための存在として見ていましたね。

「それじゃあ私も、あなたのことを尊敬の意を込めて『貴様』と呼ばせていただきますね。」なんて売り言葉に買い言葉で言い返すこともありましたが、なめてんのか!と逆ギレされて終わり、非常に不毛です。

相手と同じレベルになって良いことは何もありませんから、もし不快な思いをしたのなら、「この人は言葉に不自由な、大変残念な人なんだ」と心の中で盛大に見下してやればいいと思いますよ。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク