映画『ハンナ・アーレント』思考できなくなると、平凡な人間が残虐行為に走る

ハンナ・アーレント

スポンサーリンク
スポンサードリンク

アクト・オブ・キリングとハンナ・アーレント

この映画を観たいと思ったのは、先日当ブログでも紹介した映画『アクト・オブ・キリング』について批評を書く際に、ハンナ・アーレントが提唱した「悪の凡庸さ」という概念について調べたことがきっかけです。

映画『アクト・オブ・キリング』 世界を変える映画であるとともに、二度と現れてはいけない映画

映画『ハンナ・アーレント』は、ハンナがその「悪の凡庸さ」について提唱する元となったアイヒマン裁判について描いた社会派ドラマ。アイヒマンとは、第二次世界大戦時に大量のユダヤ人をアウシュビッツ強制収容所に送り込み、約600万人もの命を奪ったナチス親衛隊中佐アドルフ・アイヒマンのこと。

ハンナ・アーレント

戦後、捕まえたアイヒマンをは裁判にかけられ、その深すぎる罪を問われることになりました。ハンナはそのとき裁判を傍聴していたんですね。そしてアイヒマン裁判についてハンナが執筆したレポートが、大きな波紋を呼ぶことになります。

波紋を呼んだふたつの見解

ハンナはそのレポートで、ふたつの見解を示しました。

ひとつめは、「アイヒマンは上の命令に忠実に従っただけの凡庸な官僚にすぎない。悪の無思想性・陳腐さをあわせ持った凡庸な人でしかなかった。さらに、反ユダヤ主義ですらなかった」こと。

ふたつめは、「数千人という少数のユダヤ人を守るため、ユダヤ人側の指導者はアイヒマンの仕事に加担したが、結果的にそれが600万人といわれるユダヤ人大虐殺につながった」こと。

ハンナ・アーレント

ハンナはこの発言で、イスラエルやユダヤ人から猛烈な反発を食らうことになりました。親しくしていたユダヤ人の友人もハンナの元を次々と離れていき、彼女は窮地に立たされます。しかしハンナは自分の意見を決して曲げようとはしませんでした。

何より、ハンナ自身がユダヤ人であり、自らも抑留されていた過去を持っているのです。それなのに、感情に流されず現実を冷静に見つめた上でそのように発言した彼女は、くだらない枠組みに縛られず、最後まで信念を貫きました。

当時は「ナチスの戦犯に罪の意識がなかった」なんて、ユダヤ人側からすれば到底納得のいく答えではなかったでしょう。罪がないわけではありません、罪の意識がなかったんです。これ以上ないくらいの厳罰を求められる風潮があったでしょうし、裁かれて当然だと思われてもいたかと思います。

時代はハンナ・アーレントの思想を求めている

しかし2015年現在、ハンナが提唱した「悪の凡庸さ」という思想は、だんだんと受け入れやすい思想となってきているのではないでしょうか。アイヒマンは公判で「一人の死は悲劇だが、集団の死は統計上の数字に過ぎない」と述べたことは有名です。明確な悪意を持って、真の悪として台頭できる人間がどれくらいいるでしょうか。世間でいわれている悪の大半は凡庸なものでしかないように私には思えます。

アイヒマンは、言わば「Noと言えない会社員」と同じなのではないでしょうか。上官からの命令を忠実にこなすアイヒマンは、きっと優秀な官僚だったのでしょう。しかし逆に言えば、何でもイエスしか言わない腰巾着だったのかもしれません。そんな会社員はたくさんいますよね。

ハンナ・アーレント

往々にして右から左に流すだけの「作業」に感情など宿りません。それこそ紙の上の数字でしかないでしょう。だから達成感もなければ罪の意識も生まれない。私たち現代人も、アイヒマンになってしまう素質は十分に持っていると思います。というか、いつでもアイヒマンになりうると思っておいた方がいいのではないでしょうか。

2013年10月に公開されたこの映画は、上映館数が少なかったにも関わらず連日大盛況で、しかも年配のお客さんが多かったそうです。今この時代にハンナ・アーレントの思想が受けていることを無視してはいけません。ハンナの唱えた「悪の凡庸さ」は、私たちが心の何処かで欲していた思想かもしれないのですから。

奇跡を起こす8分間のスピーチ

最後に、この映画の終盤で繰り広げられる「8分間のスピーチ」についてご紹介します。映画『ハンナ・アーレント』の真髄はこのスピーチにあります。何ならこのスピーチを聴くだけでも十分に映画の価値はあると思っています。

それはハンナが世界的なバッシングを食らっている最中、大学教員として勤務していたハンナに学長から辞任命令が出、それを払拭するために自分の思想を学生に向けて訴えかけるシーンで行われます。

完全ではありませんが、書き起こしてみましたので興味のある方はぜひ読んでみてください。ちなみに私はこのスピーチを聴いて泣きました。あまりに美しくて、あまりに感動的で、私自身が救われたからに違いありません。

彼(アイヒマン)のようなナチの犯罪者は、人間というものを否定したのです。

そこには「罰する」という選択肢も、「許す」という選択肢も存在しない。

彼は検察に反論しました。

「自発的に行なったことは何もない!」
「善悪を問わず、そこに自分の意思は全く介在しない!」
「ただ命令に従っただけなんだ。」

典型的なナチの弁解で分かりました。世界最大の悪は、ごく平凡な人間行なう「悪」なのです。そんな人に動機はなく、信念な邪心、意図もない。人間であることを拒絶した者なのです。私はこの現象に「悪の凡庸さ」と名づけました。

ハンナ・アーレント

生徒からの質問:迫害されたのはユダヤ人ですが、アイヒマンの行為は人類への犯罪だと?

それはユダヤ人が「人間」だからです。ナチはユダヤ人を否定しました。つまり、彼らの犯罪は人類への犯罪なのです。

私はユダヤ人です。ご存知ね。私は攻撃されました。ナチの擁護者で同胞を軽蔑しているってね。

何の論拠もありません。これは誹謗中傷です。私はアイヒマンの擁護などしていません。私は彼の平凡さと残虐な行為を結びつけて考えましたが、理解を試みるのと許しは別です。この裁判について文章を書く者には、理解する責任があるのです!

ハンナ・アーレント

人間であることを拒否したアイヒマンは、人間の大切な質を放棄しました。思考する能力です。結果、モラルまで判断不能になりました。思考できなくなると、平凡な人間が残虐行為に走るのです。過去に例がないほど、大規模な悪事をね。

私はこの問題を哲学的に考えました。「思考の嵐」がもたらすのは、知識ではありません。それは善悪を区別する能力であり、美醜を見分ける力です。私が望むのは、考えることで人間が強くなることです、危機的状況であっても、考えぬくことで、破滅に至らぬよう・・・。

ありがとう。

『思考できなくなると、平凡な人間が残虐行為に走る』

この言葉は、ずっと大事に持っておきたい。

ハンナ・アーレント



スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク