バカボン一家 VS ネロ・パトラッシュ!?赤塚不二夫生誕80周年記念映画『天才バカヴォン~蘇るフランダースの犬~』がぶっ飛んでいておもしろそうな件について

バカヴォン

スポンサーリンク
スポンサードリンク

バカボン VS ネロ&パトラッシュ

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

「ネロとパトラッシュが 天に召されたと
思ったら 鬼の形相で復活した。」

な… 何を言っているのか わからねーと思うが 

おれも 何をされたのか わからなかった…

頭がどうにかなりそうだった… 催眠術だとか超スピードだとか

そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ

もっと恐ろしいものの片鱗を 味わったぜ…

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

ネロとパトラッシュが悪の手先に!?初の長編アニメ『バカヴォン』

・・・というわけでポルナレフさんに心境を語っていただきましたが、この度赤塚不二夫の代表作『天才バカボン』と、名作アニメ『フランダースの犬』を独自解釈で混ぜあわせたフラッシュアニメ映画『天才バカヴォン~蘇るフランダースの犬~』が、5月23日に全国映画館で公開されます。

意味不明?はい、僕も理解不能です。

天才バカボンサイドはともかく、よくフランダースの犬サイドの方々がOKしましたね、これ。この映画は赤塚不二夫生誕80周年を記念して制作されているとのこと。そもそも天才バカボンが長編アニメとして映画化されるのは史上初の試みですね。

上の予告編を観ていただければわかるとおり、制作しているのは『秘密結社 鷹の爪』のFROGMAN。ただのアニメじゃなく、懐かしのフラッシュアニメなんですよね。監督脚本だけではなく、今回はバカボンのパパの声も担当しているというから実に多才。

シンプルにストーリーを解説してきましょう。

ネロとパトラッシュは天に・・・

ネロとパトラッシュが天使に導かれ天に召されようとしている、フランダースの犬で最も感動的なシーンから始まりますが、実は召されていなかったという驚愕の事実が明かされます!

むしろ、召されてたまるか!復讐の鬼になってやる!とばかりに復活するネロとパトラッシュ。

このときの表情はすさまじい。あの感動は何だったのか、頭を抱えてしまいそうです。

・・・召されなかった!

「彼らは天使に導かれ、天国に…召されなかった!」

「汚い人間たちの味方になってもいいことないじゃないか」と悪に染まってしまったネロたちは悪の手先となり現代に蘇り、バカボン一家と相対します。おなじみのキャラクターたちも登場し、いつものようにドタバタ劇を繰り広げるあたりはバカボンらしい物語ですね。ここにネロとパトラッシュがどう関わってくるのか、非常に楽しみです(棒)

無駄に豪華な声優陣

記念作品ということもあってか、使われている声優陣が無駄に豪華でびっくり!ネロの声はあのジブリ映画「風立ちぬ」でヒロインの菜穂子役を演じた瀧本美織です。ああ、あの感動を返してくれ。

その他、バカボンのパパは前述のとおりFROGMANが、バカボンの同級生・西河内好平を濱田岳、バカボンを犬山イヌコが担当。

ちなみにエンディングテーマを歌うのは名古屋を中心に活動するアイドルユニット・チームしゃちほこのリーダー秋本帆華はウナギイヌ役を。レレレのおじさんにダチョウ倶楽部の上島竜兵だったりします。ちなみにパトラッシュには、FROGMANの愛犬の声が使われているそうで。・・・役得だな、FROGMANは。

映画館で観るべき作品なのかは別として、個人的にすさまじく興味があるこの映画。「観ないやつは死刑なのだ!!」とキャッチコピーにありますし、人柱的に観に行こうか・・・悩む。

あ、最後に、チームしゃちほこが歌う天才バカヴォンのテーマをPVでお送りしましょう。かわいいですよ(ちなみに僕はしゃちほこファンです)

天才しゃちボン

天才しゃちボン

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク