映画『H K / 変態仮面』俺は正義の味方だが、どうやら正義は俺の味方ではないらしい。

HK/変態仮面

スポンサーリンク
スポンサードリンク

あの伝説のマンガが、奇跡の実写化

「究極!!変態仮面」。

あの伝説のマンガが実写化されると聞いたとき、歓喜に打ち震えたのは私だけではないでしょう。あの頃の週刊少年ジャンプは、良くも悪くも『少年』をターゲットにしていたのだなぁとしみじみ思う。

さて、まずはPVと劇場マナーCMを観ていただきましょうか。



はい、変態ですね。

紛うことなき変態です。

ですが、ちょっと待ってください。人間って、いや健全な男子たるもの、少なからず『変態性』を抱えて生きているのではないでしょうか?それをさらけ出すのは、社会生活を送る上でかなりのリスクを抱えることになるから隠しているだけで。

HK/変態仮面

もちろんそれが女性用パンツをかぶることだけではなくて、昔からマンガではテンプレの『好きな女子の縦笛を舐める』であったり、最近ロトスコープアニメ化で話題の”惡の華”の主人公がやったように、『ミューズ(女神)と仰ぐ女子の体操服を盗む』であったり。

残念ながら(?)私はそのような行為に手を染めたことはありませんが、全く思わなかったかというとNOとは言えません。単純にリスクとリターンを考えて、天秤がリスクに傾いただけなのかもしれません。男なんて、いくつになってもそんなものですよね。

ナイスなタイトルネーミング

さて、晴れて映画化された『HK / 変態仮面』ですが、タイトルの付け方をみて「やるな、配給!」と思わざるをえません。

だって、「変態仮面のチケット、2枚下さい」なんて言えませんから。

HK/変態仮面

主題を「HK」と名付けたのは英断ですね。なんとなく、映画「おっぱいバレー」のときの恥辱プレイを思い出しました。それにしても、映画館フロントでアナウンスが流れる際に、スタッフが平然と「変態仮面」を連呼していたのにはプロの心意気を感じましたね。

さて、映画の中身に触れたいと思いますが、中盤の中弛みがやや残念なものの、実にすばらしい映画だと推します。

冒頭の演出からスパイダーマンへの愛が溢れる・・・いや、丸パクリですね。これは舞台挨拶で監督自身が暴露していました。音楽も含めて愛のあるパクリであると。好きです、こういうの。

変態仮面になるために生まれてきた男・鈴木亮平

それにしても素晴らしいのは主人公・色丞狂介を完璧に演じた鈴木亮平。私は全く知らない役者でしたが、そのマッチョなボディが変態仮面を演じるために生まれてきたような体つきで、友人の小栗旬が彼を推した気持ちがよくわかります。

HK/変態仮面

また、助演もすばらしい。ヒロイン愛子役の清水富美加さんは、目の前数センチの場所に男の陰部を向けられる暴挙にもめげず、実にまともに狂った演技を見せつけていましたし、偽変態仮面を演じた安田顕さんは、特に引き締まってもいない全裸姿で新宿界隈を走り回りながら道行く女性にスカートめくりを繰り返すという、変態仮面も真っ青な変態っぷりをみせてくれました。観終わったあとはお腹一杯でしたよ。

HK/変態仮面

そして映画が終わった後はお待ちかねの舞台挨拶。今回は監督の福田雄一さんと、主演の鈴木亮平さんが登壇!残念ながら変態仮面ルックではありませんでした(当たり前だ)。スパイダーマンをもろにパクッた話と、まさにこの映画を観た新宿バルト9の屋上で一部の映画撮影を行なったことなど、終始会場は爆笑。

HK/変態仮面

俺は正義の味方だが、どうやら正義は俺の味方ではないらしい

※新宿バルト9には変態仮面のフィギュアと、作者直筆の似顔絵が展示されていました。

f:id:you-7188:20130420200354j:plain

ちょっと見づらいですが似顔絵です。こう見比べると、狂介の顔立ちは結構違うんですね。

そしてこれがフィギュア。

・・・欲しい。

UFOキャッチャーなんかのプライズで出ないですかね。出ないですよね。

f:id:you-7188:20130420225528j:plain

最後にいろんなバリエーションの広告用ポスターを紹介。スパイダーマン他アメコミヒーローの多大なるオマージュをひしひしと感じる構図。コピーがステキ。

”俺は正義の味方だが、どうやら正義は俺の味方ではないらしい。”

HK/変態仮面


スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク