我孫子武丸『殺戮にいたる病』 あなたの夢をあきらめないで、熱く生きる瞳が好きだわ

殺戮にいたる病

スポンサーリンク
スポンサードリンク

軽々しく人には薦められない小説

正直、有名すぎる作品なので今更紹介するのも何なのですが、久しぶりに読んだらすっかりトリックを忘れていて、情けないことに新鮮に騙されてしまいましたので、無念ながら再度このおもしろさをお伝えしたいと思います。

ちなみにタイトルを読めばわかると思いますが、相当なレベルのグロ表現が頻出します。ミステリー慣れしている人やグロ表現に耐性がある人以外は手に取らない方がいいかもしれません。初めて読んだときは吐きそうになったことを思い出します。やけに想像力や妄想力のある人もやめたほうがいいですね。

殺戮にいたる病

さて、物語について、表紙裏にはこう書かれています。

永遠の愛をつかみたいと男は願った――東京の繁華街で次々と猟奇的殺人を重ねるサイコ・キラーが出現した。犯人の名前は、蒲生稔! くり返される凌辱の果ての惨殺。冒頭から身も凍るラストシーンまで恐るべき殺人者の行動と魂の軌跡をたどり、とらえようのない時代の悪夢と闇を鮮烈無比に抉る衝撃のホラー。

あらすじを読んで驚いたんじゃないでしょうか。「え、蒲生稔が犯人って書いちゃってるじゃん!?」と。

そう、この小説は、連続猟奇殺人犯・蒲生稔が逮捕されるところから始まります。逮捕されたシーンが終わったあと、最初の殺人からリプレイが始まるんですね。これにはちょっと驚きました。

つまり犯人を推理する小説ではないということです。誰が犯人か最初からわかっていて、犯行の手口も詳細に描かれ、追う側の視点もきっちり述べられている小説の、どこに私たちはおもしろみを見いだせばいいのでしょうか。

叙述トリック

この小説は叙述トリックの最高峰と呼ばれています。

叙述トリックとは?

ミステリ小説において、文章上の仕掛けによって読者のミスリードを誘う手法。具体的には、登場人物の性別や国籍、事件の発生した時間や場所などを示す記述を意図的に伏せることで、読者の先入観を利用し、誤った解釈を与えることで、読後の衝撃をもたらすテクニックのこと。

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BD%F6%BD%D2%A5%C8%A5%EA%A5%C3%A5%AFより

文章だけで人を騙すのは本当に難しく、そこに注力した結果、トリックには騙されたものの作品(物語)としては全くおもしろくない、なんてことも往々にしてあります。その点、「殺戮にいたる病」のトリックは非常にフェアです。あんまり騙そう感がないというか、ナチュラルに騙されていたことに気づくといいますか。

それに、例えトリックに気づいたとしても、物語としてのおもしろさが減るわけでもないのが凄いところですね。歌野晶午「葉桜の季節に君を想うということ」や貫井徳郎「慟哭」のような、叙述ミステリの最高峰と並ぶ傑作に違いありません。

それを楽しむのが、この小説のミソなんですね

映像化できない理由

vs. おすすめさんのブログに、この作品についての記事があったので参考にさせてもらいます。

なぜこの作品は映画化できないのか、について、vs. おすすめさんが

それはおそらく岡村孝子がイエスと言わないからだ。この物語では岡村孝子の楽曲がものすごく重要な意味を持つ。岡村孝子以外では物語の美しさを損なう恐れがある。

と述べていらっしゃるのに納得しました。

そう、物語でキーとなるのが岡村孝子の歌なんですね。その中でも「夢をあきらめないで」という楽曲が頻出します。蒲生稔はこの曲にインスパイアされ、涙を流し感動に打ちひしがれながら凶行に迄びます。

あなたの夢をあきらめないで 熱く生きる瞳が好きだわ
負けないように 悔やまぬように あなたらしく輝いてね

もちろん岡村孝子が、蒲生稔の凶行を応援するためにこの歌を歌っているわけではありません。蒲生稔が曲解しながら陶酔しているのですが、映像化に際し岡村孝子の楽曲を使わないなんてありえないし、岡村孝子サイドは絶対に使わせないでしょうから、映像化はできないのでしょうね。

この小説を読んでしまった人は、二度と岡村孝子の歌をまともに聴くことはできないかもしれません。少なくとも私はそうです。そういった意味では非常に罪な作品ですね。

殺戮にいたる病

ちなみに前述のvs. おすすめさんは、「殺戮にいたる病」という作品を説明するにあたり、このように述べていらっしゃいます。

「エヴァ・破」の中でアスカの登場したエヴァ3号機が暴走し使徒と化し、エヴァ初号機を操るシンジがアスカの乗るエヴァ3号機との戦闘を拒否したため、司令にしてシンジの父親碇ゲンドウがエヴァ初号機の制御をダミーシステムという自動制御の仕組みに切り替える。結果、ダミーシステムに切り替えられたエヴァ初号機はシンジの嗚咽とは無関係にエヴァ3号機に破壊の限りを尽くす。その場面のBGMとして「今日の日はさようなら」という曲がかかる。アニメ映画としては非常に有名なトラウマ級で見た人の心に鉤爪による傷を残すシーン。

エヴァの「今日の日はさようなら」の場面が何度も何度も繰り返されるような小説。それが「殺戮にいたる病」。

これまた非常にわかりやすい説明です。エヴァについては私も観ましたが、本当にトラウマレベルで「今日の日はさようなら」が流れていたことを思い出します。

「夢をあきらめないで」はまさにそんなニュアンスで使われています、といえば伝わるでしょうかね?

共感とか感情移入とか、バカらしい。

一応、念のために言っておきますが、こういった作品に共感とか感情移入しようとか思わない方がいいです。どうも世の中には「共感できない、感情移入できない作品はおもしろくない」などというくだらない考え方をしている人が多いようですが、死体を愛好することが真の愛だと信じる蒲生稔に共感なんてできなくて当たり前です。

そんなことを超越したところで楽しめるのが創作物ですし、自分の半径5mで起きる共感できる物語ばかり楽しんでいても、感性はきっと広がらない。世の中には理解できない人がいるのは事実ですし、極端な話他人を100%理解できるなんてありえません。

殺戮にいたる病

「殺戮にいたる病」のおもしろいところは、時代背景をちゃんと汲んでいるところです。「家庭における父親の希薄さ、家族の崩壊」が主題であると解説されていますが、このあたりにかなりのリアリティが内包されています。行為の残酷さは決して認められるものではありませんが、壊れていく感情に少しのリアリティがある。もし共感できるポイントがあるとすればそこですね。

でもいいんですよ、共感なんてしなくて。むしろ、徹底的に否定してしまえばいいんです。この世には理解できないものがある。それが現実なのですから。


スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク