TimeTicket(タイムチケット)で自画像を描いてもらったら、イケメンに描かれすぎてつらかった話。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

タイムチケットで中村佑介風自画像を描いてもらいました!

TimeTicket(タイムチケット)というWebサービスが今、話題です。ご存じですか?

つい先日より、私は新しいSNS用のプロフィール画像をつくりたくて、自画像を描いてくれるイラストレータの方を探していました。

そんなときに、スキルをチケット化して販売するサービス・タイムチケットで、私好みのイラストを描く方を発見したためお願いしてみたところ・・・

想定の100倍くらいステキなイラストを描いてもらえて、猛烈に感動しています!!

それが、このイラストです↓

中村祐介風自画像

どうでしょう?

ちょっとイケメンになり過ぎですが、描かれている部分はそんなに多くないのに、ひと目で私とわかるイラストになっています。

すごいですね、プロのイラストレータさんは。

さっそくTwitterのアイコンをこれにしようと思います。(PCでご覧の方はサイドバーの、スマホの方は下部にある私のプロフィール写真と見比べてみてください)

ちなみにイラストのタッチは中村佑介の画風にしてもらいました。中村佑介と言えば、アジアンカンフージェネレーションのCDジャケットで有名ですね。元々私は彼の絵が大好きだったので、まるで中村佑介本人に描いてもらったかのような気分を味わっています。幸せ。

中村佑介イラスト

「描いてもらいたい!」と思ったら、古市さんに連絡を!

このイラストを描いて下さった方の名前は、古市聖恵さん

プロフィールページのかわいらしい写真が印象的です。

古市聖恵さん

詳細は、以下のチケットでご覧になれます。「私も描いてもらいたいな〜。」と思ったなら是非ご依頼を。とってもいい方でしたよ。

TimeTicket(タイムチケット)、使ってる?

せっかくなので、このステキなサービスを紹介しておきますね。

タイムチケット

TimeTicket(タイムチケット)とは、自分の時間をチケット化して販売しシェアすることができるサービスで、そのチケット内容は自分で自由に決めることができます。

例えば、

■あなたのSNS用プロフィール写真撮ります。/¥2,000-
■プロモーション動画をつくります。/¥3,000-
■あなたの悩みや愚痴、相談聞きます。/¥1,000-
■プログラミングの学習方法を教えます。/¥5,000-

といった具合に自分のスキルを活かしたチケットを発行し、マッチングしたら直接会う時間を決めて、実際に会ってみるといった流れです。

「自分にはそんな特別なスキル無いよ!」という方も、「悩み相談請け負います」や「撮影モデルやります」といった特段スキルがなくてもできることでチケットを発行し、それなりに安い設定にすれば案外マッチングするものですよ。

空き時間で自分のスキルを活かした副業的なこともできますし、普段仕事ではなかなか出会えない人のチケットを買ってみたり、本当に暇つぶしレベルで使ってみるのもおもしろいと思います。

・・・とはいえ、チケットを買う方ならまだしも、売るのはそこまでスキルもないのに気が引けるなぁと思う方もいるでしょう。

ここがタイムチケットの素晴らしい仕組みのひとつで、売り上げたチケット代金の内、10%〜100%を寄付に回すことができるんです。パーセンテージは自分で設定できるので、代金を取るのはちょっと・・・と思う場合は寄付率を100%にしておけば、売る側は慈善事業としてやっていると感じられるでしょうし、買う側も寄付金に回るのなら支払ってみようかとなるものです。

さらに寄付先も、

Room to Read
みんなのことば
森のライフスタイル研究所
ISAK
コモンビート
・・・

などの9箇所から売り手が選べます。

お金を払う、お金を貰うという行動を気軽にしてくれる、ステキな仕組みだと思います。

私もチケットを発行しているので「ぜひ会ってみたい!」という方がいれば、ぜひご購入ください!お待ちしてます(・∀・)


スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク