映画『ばしゃ馬さんとビッグマウス』 夢は「叶える」よりも、「諦める」方が何倍も難しい。

ばしゃ馬さんとビッグマウス

スポンサーリンク
スポンサードリンク

麻生久美子のキュートさが爆発!

正直、ナメてました。まさかこんなに深い物語とは思いもせず、気がつけばひっそりと涙を流してしまうことに・・・。麻生久美子が出演している映画はわりと観ている方ですが、この映画での麻生久美子は危険です。かわいすぎて。

かわいすぎる麻生久美子

終始かわいいので、これから観る方は注意してください。

あらすじ

主人公は、同じシナリオスクールに通う脚本家志望の超ストイックな“ばしゃ馬さん”こと馬淵みち代・34歳と、自称もうすぐ天才脚本家の超自信過剰な”ビッグマウス野郎”こと天童義美・28歳。

「私、こんなに頑張っているのに!」が口ぐせの馬淵は、学生の頃からシナリオライターを目指してコンクールに応募しているが、悲しいかな落選の日々。

「俺、本気出したらスゴイで~」が口ぐせの天童は、他人の作品に毒舌を吐き講釈を垂れるものの、当の本人はまだ一度も作品を書いたことがない。

脚本家になるという同じ夢を追いかけてはいるけれど、性格も違う、考え方も違う、生き方も違う、まったく噛み合わない水と油のような2人が出会ったことで起こる化学反応を、面白おかしく描いていく。

公式ホームページより

夢は叶えるよりも、諦めるほうが難しい

吉田恵輔監督といえば、傑作と名高い「さんかく」や「純喫茶磯辺」で有名。特に「さんかく」のクオリティは非常に高く、頑張っているけどおバカで愛おしくなる人間を描かせたら、右に出るものはいません。これらの作品が好きなら、本作も絶対気に入るでしょう。

映画のビジュアルをはじめて見たとき、実は若干不安がよぎりました。麻生久美子と関ジャニ∞の安田章大が大きく映しだされていて、「ひょっとして・・・ラブコメ・・・?」なんて思ってしまいました。

おそるおそる観てみたところ、案の定いい感じに裏切られました。キュートな恋物語などではなく、夢を叶えるサクセスストーリーでもなく、テーマとなっているのは「一度描いてしまった夢との折り合いのつけかた」について。

ばしゃ馬さんとビッグマウス

誰でも覚えがあるであろう、小学校のときに書かされた「将来の夢」。皆さんはなんと書かれましたか?そして、その夢を実現できた人はどれくらいいますか?ひょっとしたら叶えられた人もいるかもしれません。でも、後ろを振り返ってみてください。その後ろには、その何倍もの夢破れた人たちの骸があるでしょう。

主人公の馬淵みち代は、学生の頃からシナリオライターになりたくてコンクールに応募し続けている34歳女性独身。私は何とも思いませんが、世間的には「負け犬」として語られやすいタイプの生き様だと思います。

「頑張り続ければ、いつか夢が叶うかもしれない・・・!」

ばしゃ馬さんとビッグマウス

夢は麻薬のようなもの。

夢が魅せてくれる甘美なビジョンに誘惑され、才能の無さに気づかないまま夢追い人となる人は跡を絶ちません。ただ、みち代は自分に才能が無いことは自覚しています。それでも抗いきれない「夢を叶えた人」になるという幻想。この世界は残酷ですね。

じゃあ、どうやったら夢を諦められるのか?

誰も答えはくれません。大人は子どもに「大きな夢を持て!」と言いながら、いつまでその夢を追い続けていいのか教えてくれません。終いには「いつまでも夢みたいなことばっかり言ってないで、早く結婚相手でもみつけなさい」などと理不尽なことを言ってきます。

もう一度言います。この世界は残酷なんです。

純粋さという凶器

みち代はシナリオスクールで出会ったビッグマウス・天童義美と恋に落ち、めくるめくロマンスが繰り広げられ・・・みたいなシーンは全くないので、ジャニオタの方も安心して観れますからご安心ください。ちょっとロマンスを感じるシーンといえば、手をつなぐくらいのものです(しかも、つなぐというよりは引っ張る感じ)。

ばしゃ馬さんとビッグマウス

この映画は努力を否定しているわけではありません。現にみち代は最大限の努力をしている人間として描かれています。その上で自分の才能に限界を感じつつも、諦められないことに苛立っている。

夢を叶えた人は叶えられたからかっこよく見えるのであって、叶えようとしている間は見苦しいものです。みち代はプロとして活躍している監督と話すチャンスがあれば逃さず売り込みにいくし、端からみればカッコ悪いことでも、一生懸命夢を叶えるために頑張っているんですね。

そんなところに、一度もシナリオを書いたこともないクセに人の作品の批判ばかりして、自分が書けば世界を変えるようシナリオができると大言壮語をぶっ放すビッグマウス野郎が出てきたら、それは苛立ちますよね。

ばしゃ馬さんとビッグマウス

案の定ふたりは喧嘩しっぱなしなんですが、そのビッグマウスもただのハッタリではなくて、半ば本当にそう思っているフシがあることがわかってきます。みち代にいいところを見せたい義実は初めて書き上げたシナリオをコンクールに応募し、見事1次選考で落選します。

みち代は義実のシナリオをおもしろいとは思っていましたが、まぁ落ちても仕方ないよねくらいにしか感じていない模様。しかし、義実は酷く落ち込みます。まさか落選するとは思ってもいなかったし、落選してこんなに落ち込むことになるとも思っていなかった。それくらいに憔悴します。

そして、その気持ちをストレートにみち代にぶつけるんですよ。「落選することがこんなに落ち込むことだなんて思わなかった。何度も落ちてるみち代さんが、毎回どんな思いをしていたかやっと分かった。今まで大口叩いてすみませんでした。」

あまりにストレートな言い様に、みち代は戸惑い、涙を浮かべます。ここで初めて、義実が悪意のない無邪気な人間であったことがわかるのですが、この純粋さは凶器そのものです。ここで義実を好きにならない人はいないんじゃないでしょうか。元々悪人のいない映画ですが、皆そのダメさ加減が愛おしいんです。

ラブロマンスに期待はしていませんが、これは恋しても仕方ないかも・・・と思ったのは内緒です。

ばしゃ馬さんとビッグマウス

物語を彩るサブキャラクターたち

ダメさ加減が愛おしいと書きましたが、それはサブキャラクターたちも同じ。特にみち代の元カレ松尾役を務めた岡田義徳が素晴らしかった。正確には、みち代との絡みが。

別れてからも幾度となく会っているであろうこのふたり。みち代は新しいシナリオのため、松尾が務めている介護施設にボランティアとして勤務し取材を試みるのですが、手痛いミスをしてしまう。

それにより迷惑をかけた松尾と言い合いになり、謝り、慰められ、大泣きし、そしてキスからセックスへの流れになるも、みち代が発する「いいの?また好きになっちゃうよ・・・。」の言葉で尻込みする松尾。もう、最高ですね、この感じ!

ばしゃ馬さんとビッグマウス

決して愛しあうからではなく、慰め合うためにセックスをするという描写が大好物な私。今回はコトに及ばないあたりがダメダメで素晴らしい。ここは長回しのシーンで、何十回もリテイクとなっただけにふたりのやるせなさが伝えわってきます。

間違いなく、傑作

この映画は、吉田監督の最高傑作と呼んで差し支えないと思います。「さんかく」と推し悩みますが、わずかに麻生久美子に軍配が上がるか・・・。

傑作たらしめているのは、おそらくラストシーン。ベタなロマンスをねじ込んでもよかったかもしれません。ですがここはあえてのダークエンド。なのに何故か暗くはならず、むしろ清々しい風が吹きこむような、新しい人生が始まるかのような描き方なんです。

夢をうまく諦められると、こうなるのかもしれません。私ももし夢を諦めることになった際は、あがいて、あがいて、それでもあがいて、名残惜しく諦めようと思います。

夢を諦められない人と、麻生久美子に恋をしたい人は、ぜひご覧になってみてください。

ばしゃ馬さんとビッグマウス



スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク