『黒木華(くろき・はる)』ベルリン国際映画祭で最優秀女優賞をとった、黒木華の魅力とは?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

第38回日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞受賞

黒木華さんが映画『小さいおうち』で第38回日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞を受賞されました。おめでとうございます!それを記念して過去ブログに書いていた黒木華さんに関する記事と、映画『小さいおうち』のレビューをこのブログへ移しました。

この映画は紛れもない傑作ですので、これを期にぜひご覧になってみてくださいね。

※以下から過去記事転載文となります。↓

最年少記録更新!23歳での銀熊賞受賞

黒木華、ベルリン映画祭で最優秀女優賞

f:id:you-7188:20140217090057j:plain

私が最近イチオシの女優・黒木華(くろき・はる)が、なんと第64回ベルリン国際映画祭で最優秀女優賞・銀熊賞を受賞しました!!しかも最年少23歳での受賞とあって、各ニュースサイトでもトップに取り上げられてますね。

黒木華、銀熊賞!23歳日本人最年少で最優秀女優賞…ベルリン国際映画祭 (スポーツ報知) – Yahoo!ニュース

「名前呼ばれパニックに」 最優秀女優賞の黒木華さん:朝日新聞デジタル

ベルリン映画祭で黒木華が最優秀女優賞、「小さいおうち」に出演 | Reuters

黒木華さんに最優秀女優賞 ベルリン国際映画祭 日本人で4人目 – MSN産経ニュース

 

トップ画像にハフィントンポストの記事を引用させていただいたのは、華さんの映りが一番良かったからに他なりません。グリーンの着物がこの上なくよく似合っていますね!

f:id:you-7188:20140217091648j:plain

 

派手な印象を持つ女優ではないため、何気にあまり名前は知られていないかもしれませんが、2013年にはキネマ旬報ベストテンや日本アカデミー賞など、日本の主要映画賞で計5つの新人賞を受賞している傑物なんです。出演作としてはNHK連続テレビ小説『純と愛』、『リーガルハイ』。映画では『シャニダールの花』や『舟を編む』が有名どころ。そして何より存在感を出しているのが今回銀熊賞を受賞した映画『小さいおうち』ですね。

 


『小さいおうち』予告編 – YouTube

 

今回の受賞で、今後映画を中心にひっぱりだこになるんじゃないでしょうか?CMの演出を手掛けた岩井俊二さんが華さんを評したコトバ「文学的な香りがする女優」がすべてを物語っていると思います。ぜひ日本の文学的作品にどんどん出演してほしいですね。今後の活躍に期待しています♪


スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク