映画『百円の恋』 イタい、痛い、居たい…。命短し恋せよ乙女!

百円の恋

スポンサーリンク
スポンサードリンク

あらすじ

32歳の一子(安藤サクラ)は実家で暮らす引きこもり。家族経営の弁当屋を手伝おうともせず、出戻りの妹が抱えた息子とテレビゲームに興じる毎日を送っていた。

ある日、妹と壮絶な姉妹喧嘩をしてしまった一子は勢いで家出をしてしまう。近くの安いボロアパートで一人暮らしを始めた一子は、引きこもっていたときによく買い出しに行っていた100円コンビニの深夜バイトを始め、何とか食いつないでいた。

家とコンビニまでの通りすがり、ボクシングジムで汗を流すボクサーの狩野(新井浩文)を何度か見かける内に、ふたりは何となく恋に落ちていく。流れるままに一子のアパートに転がり込んだ狩野との同棲が始まり、一子は初めて恋の楽しさを知る。

しかしそんな生活も長くは続かず、一念発起した一子はボクシングジムに通い始めた。怒りや憤り、虚しさのないまぜになった心を吹き飛ばすべくボクシングに明け暮れる一子は、次第に打ち込めるものを見つけた喜びに目覚める。

安藤サクラの最高傑作が誕生!

この映画の素晴らしさは、イコール安藤サクラの素晴らしさといっても過言ではありません。元々演技力の際立った役者だとは思っていましたが、「百円の恋」で魅せた一子というキャラクターは、安藤サクラ以外には勤まらないでしょう。

大変失礼な言い方にはなってしまいますが、安藤サクラは決して美人の部類には含まれない方だとは思うんです。映画を観た方ならわかると思いますが、序盤の一子は本当に醜悪で、セリフ通り「女を捨てた」生き方をしています。猫背でテレビゲームをやりながら贅肉のたっぷりついた腰をボリボリ掻くシーンなんて、それはもう酷い不快感を感じさせてくれます。

背中ボリボリ

しかし、久方ぶりの恋が始まると同時に、一子はみるみる内に「女らしさ」を取り戻していくんですよ。好きな男の前でどう振る舞ったらいいかわからない一子は、狩野に気に入られまいと必死で好かれようと努力します。「ぶりっ子してんじゃねーよ」と吐き捨てられはしますが、一子のいじらしいまでの表情に、私たちは冒頭の醜悪さをあっさり忘れてしまうでしょう。

しかし、長くは続かない恋物語。やり場のない憤りを抱えた一子は狩野が通っていたボクシングジムに通い始めます。何か明確な目標があったわけではなく、うっぷんを晴らしたかっただけに過ぎない。描かれ方は違えど、これは「ロッキー」と同じ。この映画を人に説明するときに「和製の女ロッキー」と表現してしまうのも、あながち間違いではないですね。

ボクシングを始める

映画の真骨頂はここから。

知りませんでしたが、ボクサーのプロテストを受けられるのは32歳までなんですね。一子は現在32歳。つまりプロテストを受けられるのは今回がラストチャンス。

初めて打ち込めるものに出会えたものの、プロとして羽ばたける時間も余裕も持っていない。それでも今やらなかったら絶対後悔する。燃え上がる一子の闘志は、まずは目に、次に体に現れました。何のために生きているのかわからなかった頃の一子の目は、完全に死んだ人間の目でした。

一子が目標を見つけたとき、その目に輝きと闘志が芽生えたことに私たちは気づきます。そして勤務先のコンビニや路上でもボクシングのトレーニングに励み、どんどんシェイプアップされていくその体つきに私たちは驚愕します。

あれだけ醜悪だった引きこもりの一子が、信じられないくらい美しくなっている。それは単純な見た目の美しさだけではなく、心の内から湧き出す生命力の噴出といっても過言ではありません。健全な精神は健全な肉体に宿るとは言いますが、それはこういうことなのかと愕然としました。

本気になった!

映画のクライマックスは、プロテストに合格した一子初めての本試合。どれだけボコボコにされても立ち上がり、自分を鍛えてくれた人たちが見出してくれた「必殺・左フック」を一発お見舞いするまでは負けるもんか!と闘志を燃やし続ける。

遅咲きにも程がある一子に、ボクサーとしての未来はない。この試合も未来への扉などではなく単純な消化試合に過ぎないのですが、私は号泣しながらこの試合を見ていました。こんなに心から誰かを応援したことは今まで一度もありません。

「がんばれ!負けるな!ぶちかませ!」

いざ試合へ!

スポーツを応援している人をいつも冷めた目で見ていた私は、応援することの意味を初めて知ったような気がします。相手のガードを打ち崩し、ついに決めた左フック!・・・しかし、それは通用しなかった・・・。

試合の後、腫れた顔でトボトボと階段を降りる一子は、試合を見にきていた狩野と会い、「勝ちたかった・・・。」と大泣きし始めます。その無様な泣き方は、もはや子どものよう。でもそれは決して不快ではなく、むしろ全てを出し切って闘った末に負けたという本気の悔しさが滲み出ていて、その涙は必殺・左フックをモロに食らったくらいの衝撃を浴びせてくれました。

狩野と手をつないで階段を下っていくシーンで、クリープハイプの歌う主題歌「百八円の恋」が始まり、ふたりの姿は闇の中に消えていきます。パンフレットに寄稿してあった須永貴子さんの記事では、夜に階段を下っていくというシーンは、彼らに明るい希望が待っているわけではないとの示唆がありました。

狩野は食べ終わった弁当の残骸を公園の茂みに投げ捨てるようなクズ野郎ですし、一子の渾身の試合に何を感じたのかはよくわかりません。これからも一子を振り回していくだろうし、多分一子は今後も辛い目に合うんだろうとは思いますが、それでも冒頭のような見難い生き方に戻りはしないだろうという、小さな希望は感じ取ることができるんじゃないでしょうか。

一子・・・いや、安藤サクラは本当に素晴らしく、美しい女性です!

勝負!

クリープハイプ『百八円の恋』

稀代の名曲ですよ、この曲は。

痛い痛い痛い痛い痛い
でも
居たい居たい居たい居たい居たい

『百円の恋』の全てが、この『百八円の恋』には詰まっています。
どうしてうまくいかないんだろう?どうしてうまく生きられないんだろう?そんなつらい気持ちが刺さるほどに伝わってくる。

イタくても、痛くても、一緒に居たい。誰かと一緒に居たい。これは一子のためにつくられた歌なんだと。

誰かを好きになる事にも
消費税がかかっていて
百円の恋に八円の愛
ってわかってるけど

一子は「自分には百円の価値しかないんで。」と試合前に謳い、気持ちを盛り上げるためのテーマにバイト先で流れていた100円コンビニのテーマソングを流していました。

百円の価値しかない自分には、八円の消費税が足りないばかりに「愛」を得ることができなかった。一子がそう歌っているように、私には聞こえました。もうこの歌を聞いているだけで涙が出てきます。

パンフレットの出来が素晴らしい!

映画のパンフレットって、大体ページは薄いし情報量も少なくて、買った後に若干の後悔を滲ませるものなんですが、『百円の恋』のパンフレットはかなり濃い情報が詰まっている上にたった600円で買えるという、素晴らしいコスパ感!

久しぶりに「買ってよかった!」と思えるパンフでした。昨年観た「ほとりの朔子」のパンフもいい出来だったなぁ。やはり単館系邦画のパンフには傑作が多い気がします。もしまだ購入できるようであれば、買っておいたほうがいいですよ。↓

s_IMG_9552

s_IMG_9553

s_IMG_9554

s_IMG_9555

s_IMG_9556

s_IMG_9557


スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク