映画『チョコレートドーナツ』 “自由で安心していられる居場所”を守ろうとする想いが、愛に変わる

チョコレートドーナツ

スポンサーリンク
スポンサードリンク

魂レベルで求め合う、愛の物語

ひとことでストーリーを説明すると、「ゲイのカップルがダウン症の子どもを引き取って一緒に暮らそうとする物語」となるでしょうか。しかしそれだけでは、この映画の面白さと感動を1ミリも伝えられている気がしません。

マイノリティの中でもトップクラスのマイノリティを描いていますが、この映画はゲイ同士が恋に落ちるラブストーリーでも、ダウン症の子どもを育てるのがどれだけ難しいかを力説する物語でもなく、居場所を失った人たちが自由に生きられる場所を求めて奔走し、運命に導かれるかのように出会う3人のヒューマン・ドラマです。

チョコレートドーナツ

もちろんそれぞれのマイノリティさは活かされていますが、あくまでもそれはスパイスにすぎないんです。もっと魂のレベルに落とし込まないと、この映画の本質的な面白さは理解できないでしょう。

居場所を待っていても、誰も用意してくれない。自分が“自分らしく生きられる場所”は、自分で切り開いて見つけだすしかない。マイノリティにとって、その道は他の人たちよりも険しいものとなります。その末にこの映画の3人は、ようやく心から幸せになれる居場所を見つけた。たとえそれが、束の間の幸せであったとしても・・・。

ストーリー

舞台は1979年のカルフォルニア。それはまだゲイに対する差別が深かった時代の話。

アラン・カミング

弁護士のポール(ギャレット・ディラハント)はナイトクラブで、シンガーを夢見ながらダンサーとして働くルディ(アラン・カミング)と出会う。初見ですぐに惹かれあったふたりは、あっという間に恋に落ちた。何も障害はない。お互いが男性で、ゲイであったこと以外には。

日銭を稼ぎながらギリギリの生活を送っていたルディが暮らしているボロアパート。隣の部屋にはダウン症の子ども・マルコ(アイザック・レイヴァ)と薬物依存症の女が住んでいた。ある朝、大音量で音楽を流しっぱなしにしている隣室を注意しにいったルディは、出て行った母親を待つマルコの姿を見かける。

チョコレートドーナツ

あんな母親の元にこの子を置いていけない。

ルディはポールに相談するため、マルコを連れて勤務先の検事局に向かうが「家庭局に連絡してマルコを施設に預けるんだ」と言われ失望する。アパートに戻ったルディは、マルコの母親が薬物所持で逮捕されたことを知った。行き場所を失ったマルコは、大事にしている人形のアシュリーを抱き、施設へ送られることとなる。

その翌日、ポールとルディは出会う。ポールは昨日の失言を謝罪した上で、これまでの人生について語り始める。ポールは言葉で、ルディは歌で。お互いが惹かれ合っていることを確信した瞬間だ。帰り道、夜の街をひとりで歩くマルコの姿をルディは目撃する。どうやら家に戻ろうとして施設を抜け出したようだ。

チョコレートドーナツ

ルディは「薬物依存症の母親から生まれたことも、ダウン症で生まれてきたことも、マルコのせいじゃない。」と憤る。姿形は違えど、マルコも自分たちと同じマイノリティ。辛い境遇の中で生きているんだと、感じ入るところもあったのだろう。ポールとルディは関係をいとこであると偽り、マルコとともに暮らすことを決めた。

マルコを学校に通わせることに決めたふたり。ポールはマルコの宿題を手伝う。ルディは食事をつくる。そして、眠る前にマルコがせがむハッピーエンドの物語を聞かせる。その姿は、我が子を慈しむ両親の姿となんら変わるところはない。むしろ、これこそが愛しあう理想の家庭像だ。

チョコレートドーナツ

そんな最中、ポールからプレゼントされたテープレコーダーでデモテープをいくつもつくったルディは、マルコと一緒に封詰めし、あらゆるところに送った。そのひとつがクラブオーナーの目にとまり、ルディはシンガーになる夢のしっぽを掴んだ。つらく厳しい人生の中で、3人は初めて幸せな時間を過ごしていた。

暮らし始めて1年。ついにポールとルディがゲイのカップルであることが周りに知られてしまった。しかも関係を偽っていたことが原因となり、マルコは家庭局に強制的に送られてしまい、ポールは検事局を解雇されてしまう。

チョコレートドーナツ

絶望の淵にあったふたりだったが、ポールは「正義で世界を変えるんだ!」と法を学びはじめていたころの情熱を取り戻した。この「差別と偏見」で満ちた世界を変えるために、そしてマルコを自分たちの元に取り戻すために、勝ち目のない裁判に挑むことを決心した。

原題の『Any day now/今すぐにでも』に込められた想い

チョコレートドーナツ

マルコが大好きな食べ物・チョコレートドーナツからインスピレーションを得たのであろう邦題ですが、原題は『Any day now』というシンプルな想いが当てられています。意味は「今すぐにでも」。

映画を観たあとでなら、この言葉が意味するところが伝わってきます。この理不尽で暴力的で、差別と偏見に満ち満ちたこの世界を「今すぐにでも」変えたい!そんな熱い想いが。マルコを一刻も早く施設から取り戻したい。それはひとりよがりな想いなどではなく、私たちが見つけたあたたかい居場所に早くマルコを戻してあげたいという「親心」のようなものでした。

そのためにポールは正義の力で「今すぐにでも」世界を変えたい!と意気込んでいたわけですし、マルコはすぐに連れ戻すからというルディの言葉を聞き、「今すぐにでも」自分を迎えに来てくれると信じて施設の玄関でいつまでも待っていた。

チョコレートドーナツ

「今すぐにでも」なんて性急だし、時間をかけてゆっくりと…と思う人もいるかもしれない。でも、なぜこんな理不尽な世界を甘んじて受け入れなければならないのか?マイノリティとして生きてきた3人は、いろんなことを諦めてこれまで生きてきたのだろう。だけどマルコを諦めるわけにはいかなかった。やっと手に入れた自分の居場所には、どうしてもマルコが必要だったのだから。

何ともかわいらしい『チョコレートドーナツ』という邦題は嫌いではありません。ですが、今は『Any day now』という原題がどれだけふさわしかったのか、よくわかります。

愛のかたち・歌のチカラ

チョコレートドーナツ

私は気軽に「愛」という言葉を扱う人を信用しませんが、この映画に溢れているのは間違いなく「愛」だと確信しています。愛には性別なんて関係ないし、健康状態も関係ない。年齢も関係ないし、血の繋がりなんてまったく関係ない。必要なのは「自分の居場所を守ろうとする想い」ではないでしょうか。

自分が自分でいられる安心できる場所。それを守ろうと思えるのは、安心するために一緒にいたいと思える人がいるから。自分の居場所を守るということは、決して役職や身分にすがりつくことを意味しません。金や高い身分や役職をいくら持っていても、自分の居場所がないのなら、そんなものは何の役にも立たない。

この映画では、そんな大切な居場所について描かれています。当人たちが幸せなら、外野にどうこう言われる筋合いはないし、気にする必要もない。でもその居場所を崩そうとするものに対しては、「今すぐにでも」抵抗しなければならないでしょう。

チョコレートドーナツ

そして愛を示すアーキテクトとして、「歌」が効果的に使われています。

ルディを演じるアラン・カミングは、トニー賞を受賞するほどの名優であるとともに、抜群の歌唱力を持ったシンガーでもあり、バイセクシュアルをカミングアウトしたマイノリティでもあるんですね。

ルディが歌う歌はそれぞれのシーンに合わせた選曲がなされており、ルディの想いは歌に乗って私たちに伝えられます。

フランス・ジョリ「カム・トゥ・ミー/私のところに来て」


ルディが初登場するシーンで流れるのはフランス・ジョリの「カム・トゥ・ミー/私のところに来て」。ポールがルディに一目惚れする場面で、ルディがポールに「私のところへ来て!」と熱いまなざしを送りながら歌うところが印象的です。

ハニー・コーン「ワン・モンキー・ドント・ストップ・ノー・ショウ/猿が一匹いなくなってもショウは続く」


喧嘩したあとで謝りに出向いたポールに向けてルディが歌ったのはハニー・コーンの「ワン・モンキー・ドント・ストップ・ノー・ショウ/猿が一匹いなくなってもショウは続く」。あなたなんていなくなっても私の人生は進み続けるの!と憤りを見せているように聞こえませんか。

ポールからプレゼントされたテープレコーダーに、売り込みのためルディが吹き込んだ歌はやさしくアレンジした「カム・トゥ・ミー」。最初はポールを誘うために熱く歌っていたこの歌が、自分の居場所を見つけた今はこんなにも優しく歌い上げられる。幸せに満ちた歌のように感じます。

ローズ・ロイス「ラヴ・ドント・リヴ・ヒア・エニイモア/もう、ここに愛はない」


歌唱力を認められたルディがハリウッドのクラブで歌ったのは、ローズ・ロイスの「ラヴ・ドント・リヴ・ヒア・エニイモア/もう、ここに愛はない」。なんとも衝撃的なタイトルですが、それもそのはず。これは裁判でマルコを失った後に歌われているのですから。

ボブ・ディラン「アイ・シャル・ビー・リリースト」


そして何よりもこの映画を象徴する歌が、ボブ・ディランの「アイ・シャル・ビー・リリースト」。この歌の歌詞に「Any Day Now」というフレーズが使われているのが物語っていますよね。その歌唱は全身全霊。詳しくは言いませんが、この場面で、この歌を聴いて心が震えない人はいないでしょう。これまでのいろいろな想いが込められているのが伝わってきます。

ルーファス・ウェインライト「メタファリカル・ブランケット」

最後に、エンドロールで流れるのはルーファス・ウェインライトの「メタファリカル・ブランケット」。彼自身もゲイであることをカミングアウトしており、ゲイのカウボーイの純愛を描いた『ブロークバック・マウンテン』の最後にも彼の歌が使われていました。
同じ境遇を味わってきたルーファスだからこそ伝わる想いがある。そんなことを今となっては想います。

愛のかたちと歌のチカラ。それを感じずにはいられません。

※ここからは完全にネタバレします!

あまりに哀しい結末にも少し触れながら語りますので、未見の方はここから先は読まないほうが賢明です。ご注意を。

チョコレートドーナツ

裁判の結果は最悪なものに

裁判の結果、ルディとポールの元にマルコは帰ってきませんでした。刑期を早く切り上げたあの薬物中毒の母親の元にマルコを返すという、現代の感覚ではありえない判断を裁判所は下したということですね。これには憤慨するほかありません。

案の定、薬物依存から逃れられなかった母親は釈放されてからも薬物に手を出します。そしてあろうことかマルコの前でセックスはできないからと追い出し、自分は男と薬物セックスに耽るわけです。もうはっきり言って死んだほうがいいレベルのクズ人間ですよ、この女は。演じたジェイミー・アン・オールマンの物憂げであらゆることに興味を無くしたような演技は、良い意味で観客を煽ってきます。

マルコの結末

マルコはルディとポールというふたりの父親の元に帰るべく、夜の街を彷徨いはじめます。その光景が後ろから撮られている中、流れているのがルディの歌う「アイ・シャル・ビー・リリースト」。とても嫌な予感がします。

タイプライターを叩くつらそうな表情のポールが映し出され、その印刷された手紙は、これまで自分たちがゲイであることと、ゲイがダウン症の子どもを育てるなんて悪影響を及ぼすに決まっていると決めつけてきた幾多の人間に送られました。そしてポール自身の冷静なナレーションで衝撃的な事実が告げられます。

母親の家を出たマルコが、3日3晩帰るべきルディとポールの家を探し歩いた末、橋の下で死んでいるのが発見されたというニュース。

ダウン症の子どもが彷徨い続けた末、橋の下で死んでいたことに紙面を取る新聞は当時なかったのでしょう。片隅に小さく載っていただけでした。

裁判で誰が幸せになったのか?

マルコの人生について適切に判断されるべきだったこの裁判の結果が、一体誰を幸せにしたのでしょうか?

裁判ではポールとルディがゲイであることをしきりに持ち出し、いかに問題のある関係なのかを打ち出す実母側の弁護士。あまりにもマルコが置いてけぼりにされる裁判に憤慨したポールは叫びます。

チョコレートドーナツ

「これはマルコの審理だ!いったい何が最善であるかわかっているのか!?誰もダウン症の、太った子どもを引き取ろうとする子はいない。誰もほしがる人がいないからだ!私たち以外には。彼に権利を与えてください。マルコを最優先に考えてください!これは、すぎた話なのですか…?」

マルコの死を描かない理由

映画では、マルコの死を直接描くことはありません。そういった「事実」があったことだけが伝えられます。

誰に?

もちろん自分たちとマルコを引き離そうとしてきた人たちにですが、伝えられるのは私たち観客も含まれているんです。

まるでこの幸せな3人とともに過ごしているかのように映画を観てきた私たちは、ここで急に自分が第三者になった気持ちを抱くでしょう。マルコの死をポールに伝えられたような気持ちになるからです。

この演出は非常に巧みだなと感じましたね。

チョコレートドーナツ

今までポールやルディの姿を観てきたから、マルコというダウン症の子どもが橋の下で死んだという事実を重く受け止めることができるわけで、明日からは新聞の隅っこに小さく載せられているであろう事件に何かを感じるかというと、正直そんなことはないだろうと思います。

この問いかけは、なかなかに辛辣ですね。身につまされます。

とにかく泣けるという評判のこの映画ですが、それが本質ではないことがここで理解できないと、何も学べていないことになりますよ。

しかし哀しい最期を迎える映画だというのに、思い出すのは彼ら3人が楽しく過ごしているシーンだけ。
折にふれて観たくなる、本当にすばらしい映画でした。

チョコレートドーナツ



スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク