映画『TOKYO TRIBE』 全編ラップ・ミュージカル仕立てのトーキョー抗争を園子温が描く!

TOKYO TRIBE 公式ホームページより

TOKYO TRIBE 公式ホームページより

スポンサーリンク
スポンサードリンク

全編ラップ・ミュージカルの衝撃!

大好きなその園子温監督の映画ですが、苦手なヒップホップ要素が全面に散りばめられているという前情報で尻込みし、なかなか手が出なかったこの『TOKYO TRIBE(トーキョー トライブ)』。レンタルが始まっていたので、とりあえず借りてみたのですが、これがもう面白いの何のって!

映画『レ・ミゼラブル』を観て、ミュージカル映画の面白さをやっと知ったくらいミュージカルに縁のない人生を送ってきましたが、「ラップでミュージカルができる」という衝撃は筆舌に尽くしがたい。たとえヒップホップが苦手でも問題なく楽しめる作品なので、多少のグロさが大丈夫な方(といっても園作品のグロレベルはハイですが)ならぜひ挑戦してみてください!

まずは荒唐無稽なあらすじを

近い未来の “トーキョー”には様々なトライブ(族)が存在し、そこに住む若者たちは、街を暴力で支配しながらお互いの縄張りを守っていた。

トライブ間の暴動・乱闘は日々繰り広げられるも、互いの力関係は拮抗し絶妙なバランスで保たれていた。しかし、ある事件をきっかけに、その均衡はもろくも崩れ去る。

「ブクロWU-RONZ」のヘッドに君臨する<メラ>と「ムサシノSARU」に所属する<海(カイ)>。

二人を取り巻く”トーキョー”中のトライブを巻き込んだ、激しく壮絶な一大バトルが今始まろうとしている――。

公式ホームページより

映画を観終わった後、韻を踏みたくなるはず

音楽をジャンルで聴く人って本当に残念な人だなと思います。

「私はジャズしか聴かないから」
「日本のロックなんてクソだ!」
「アイドルソングの何がいいの?(笑)」

そんな風にのっけから決めつけている人とは大抵話が合わないんですよ。

とはいえ、唯一苦手にしているのが本映画で採用されているジャパニーズ・ヒップホップ。KREVAやRIP SLYMEあたりは問題なく聴ける私でも、ガチのラップは正直苦手としています。なので本作を観るのに躊躇していたわけですが、俳優として参加している数々のジャパニーズラッパーの「ホンモノのラップ」を目にし耳にし、映画を見終わる頃には無駄に韻を踏みたくなっていました。

そう、様々な東京のエリアを纏めあげるチームのボスに、現役ジャパニーズラッパーが俳優として出演しているのが本作の特徴なんですね。なので「言わされている」感のないホンモノのラップで成り立っているところが映画のクオリティを担保しているのではないでしょうか。

MC SHOW役・染谷将太のラップに衝撃

その中でも狂言回しとして登場するMC SHOW役・染谷将太のラップには舌を巻きました。元々彼のファンで出演作は大体観ていますが、彼がラップをする印象なんて微塵もなかっただけに、その上手さに衝撃。死んだ目と低温(誤植じゃないです)の声によるラップは必見ですよ。

TOKYO TRIBEの染谷将太

変態仮面の鈴木亮平、再臨!

何より推したいのは主演のメラ役・鈴木亮平。彼を知ったのが映画『HK/変態仮面』だったので、どうしてもあのキワモノイメージが抜けないのですが、多くの人は朝ドラ「花子とアン」での誠実な人柄がイメージとしては強いんでしょうね。実際に誠実で寡黙な方だそうですし。

まぁこの『TOKYO TRIBE』での鈴木亮平は、トップの画像を見てもらえばわかる通り金髪コワモテ上半身裸マッチョのキワモノです。私の中では変態仮面と大差ありません。

変態仮面

『TOKYO TRIBE』では基本的に上半身裸姿の鈴木亮平ですが、ラップを繰り広げるあるシーンでは、見事な肉体美と極小ビキニパンツ姿を披露してくれます。有無を言わさぬ説得力をもつそのボディに、男は憧れ、女は悲鳴をあげるはず。この姿でラップしていることに違和感を抱かせないのが凄い。

鈴木亮平

ちなみに「有無を言わさぬ説得力をもつそのボディ」つながりで、メラのボスであるブッバ役・竹内力の妻として叶美香が出演しています。これまた説得力のあるボディです。思いっきりブッバに胸を揉みしだかれていましたが、羨ましいですねぇ、ええ。

叶美香

豪華キャストの面々

キャストは豪華で、他にもこんな面々が↓

ンコイ=窪塚洋介

窪塚洋介

KESHA=中川翔子

中川翔子

のりちゃん=市川由衣

市川由衣

スンミ=滝野菜名

スンミ

亀吉=丞威

丞威

特に丞威のアクションはかなりの見ものです。身体能力が半端なく、そのカンフーアクションは惚れ惚れするほど。これからアクション映画に引っ張りだことなるでしょうね。

滝野菜名も全く知らない存在でしたが、格闘術はかなりの腕前。素晴らしい裸も堪能できますし、終始パンチラしているのもグッド!ググっても情報が出てこないんですが、彼女は何者なんでしょう?誰か教えてください。

TOKYOの世紀末ってこんな感じ!?

抗争地図

これは映画でのTOKYO抗争地図なんですが、ファミコンとともに育った世代で、幼少から「信長の野望」や「三国志」「ファミコンウォーズ」なんかのシミュレーションゲームをやってきた身としては、こういった勢力図を見ただけでテンションが上がるんですよ!

『少しずつ勢力を拡大して統一を目指す』
まさにシミュレーションゲームの醍醐味ですよね!

そうでなくても北斗の拳みたいなディストピア世界観が好きな方で、かつ東京や関東圏に住んでいる人にとっては、この抗争が妙なリアリティを生んでいるじゃないでしょうか。

池袋と渋谷、新宿がそれぞれ独立した勢力を持っていると言われると、なんだかそんな気がする。東京に住んでいるとそんな感覚が芽生えるんですよ。そこに私はワクワクを感じました。

しょうもない抗争の火種に、ニヤリ

園子温作品にしてはエログロ度が低め。正直もっとグロ描写があってもいいんじゃないかと思いましたが、一般層をも取り込むにはこれくらいがベストなのかもしれません。かなりお金も使って制作されているみたいですし、園監督も大作を手がけるようになるんですかね。「ヒミズ」や「冷たい熱帯魚」のような映画は園監督にしかつくれませんので、その辺りがちょっと心配だったり。

鈴木亮平は園監督ならその良さを十分活かせるんじゃないでしょうか。彼を「ただの良い人」役で終わらせず、変態仮面やメラのように狂気を感じる使い方で、もっと光らせてほしいですね。

余談ですが、このTOKYO抗争勃発の火種はものすごくしょうもない理由です。予告編動画を観ちゃうとネタバレしてしまうので、あえて観ないほうがいいかもしれません。下品な話なので詳細は書きませんが、要はアレの大小を巡る抗争なんですよ。いやぁ、いいですね、この猥雑さは。やっぱりオススメです!

映画『TOKYO TRIBE』2014年8月30日(土)新宿バルト9ほか全国公開

近い未来の “トーキョー”には様々なトライブ(族)が存在し、そこに住む若­者たちは、街を 暴力で支配しながらお互いの縄張りを守っていた。「ブクロWU-RONZ」のトップに­君臨する<メラ>と「ムサシノSARU」に所属する<海(カイ)>。二人を取り巻く&­quot;トーキョー”中のトライブを巻き込んだ激しい一大抗争を描いた暴­力と愛と友情の物語。

脚本・監督:園子温、原作:井上三太「TOKYO TRIBE2」(祥伝社刊)
出演:鈴木亮平 YOUNG DAIS 清野菜名 佐藤隆太 染谷将太 窪塚洋介 竹内力
配給・宣伝:日活 ©2014INOUE SANTA/TOKYO TRIBE FILM PARTNERS


スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク