水曜日のカンパネラが唄うアバンギャルドな『桃太郎』、さあ皆一緒に「きっびっだーん!」」

スクリーンショット 2014-12-03 23.17.25

10人中1人は必ず中毒になる、一度聴いたら耳から離れない『桃太郎』
歌っているのは謎のパフォーマー・コムアイ。

彼女をメインとして組まれたユニット・水曜日のカンパネラのアバンギャルドな歌に魅了される人が続出し、来年3月に恵比寿リキッドルームで行なわれるワンマンライブを前にヒットの予感がします。

まずはその『桃太郎』MVをご覧になってみてください。

メロウでアンニュイな美しいメロディー・ハイクオリティなエレクトロミュージックに乗るのは、奇妙奇天烈摩訶不思議なコムアイのラップ。上手いとか下手とか、そういった次元では語れない恐ろしいほどの中毒性を持っています。

友人に聴かせてみたところ、3人は拒否反応を示し、2人は能面のような顔になり、1人は重度の依存症になりました。ちなみに私も依存症です。毎朝一度は聴かないと落ち着かない体質になってしまいました。

水曜日のカンパネラは下北沢を中心に活動している(一応)音楽ユニット。一応と付けたのは、彼女たちが行なう自主企画イベントで鹿の解体を行なったりしているからです。はい、つっこみどころしかありません。

「水曜日のカンパネラ」というネーミングにはいろんな説がありますが、単に水曜日に打ち合わせが多かったからという理由だそう。あ、ユニットとは書きましたが、ステージでパフォーマンスをするのは前述のコムアイひとりですね。

もしも桃太郎を聴いて「きっびっだーん」というフレーズが耳から離れなくなったあなたなら、以下の千利休ドラキュラもきっとお気に召すはず。さあさ皆も一緒に「きっびっだーん!」

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク